2017年03月19日

ROUND TABLE featuring Nino「April」レビュー

APRIL - ROUND TABLE featuring Nino
APRIL - ROUND TABLE featuring Nino
2003年4月23日発売

曲目
1.Let Me Be With You
2.Dancin' All Night
3.Beautiful
4.NEW WORLD
5.Day by Day
6.Birthday
7.Book End Bossa
8.Where Is Love
9.Today
10.In April
11.Love Me Baby
12.Let Me Be With You(new step mix)


レビュー
・ROUND TABLE featuring Nino 1stアルバム。
2002年よりROUND TABLEがゲストヴォーカルNinoを迎えて「ROUND TABLE featuring Nino」として活動しており、今作はそのグループとして初のオリジナルアルバムとなる。
ちなみにROUND TABLEとしては3rd「RADIO BURNIN'」以来2年ぶりのアルバムとなっている。

先にこのグループの2nd,3rdを聞いていたので何気に今作が最後に手に取った作品だったりする。
夏っぽい爽やかなサウンド特徴的だった2nd「Nino」、シットリとしたバラードが並んでいた3rd「Distance」に比べると1stである今作「April」はROUND TABLEがもともとやってた渋谷系、シティポップ系寄りの作風になっている。パッと聞いた感じのオシャレ感が凄く良く出てる。
ただNinoというゲストヴォーカリストを呼び、なおかつアニメタイアップがガッツリ増えていっているのでROUND TABLE時代よりもずっとキュートで可愛らしいポップスが多い印象だ。(Ninoのヴォーカルも甘く囁く様な歌い方というのもあると思うけど)
1stシングルにもなった「Let Me Be With You」なんかがそれを最もよく表していると思う。


こういった可愛い系もあればクラブミュージックみたいな印象を受ける「Dancin' All Night」であったり、ギターをガッツリ聞かせるロックチューン「NEW WORLD」など渋谷系に収まらない多彩さも感じられ、アルバムとしてもガッツリとしたバラードは無く、一定のテンポを保ったままラストまでいくので聞きやすい。

2nd,3rdとはかなり毛色が異なるんだけど、これはこれでアリかなと個人的には思う。ROUND TABLEの北川勝利がプロデュースしてる花澤香菜の1st辺りが好きな人ならたぶんドンピシャ。


評価
93点

NEW WORLD


Dancin' All Night





posted by Shouta at 17:56| Comment(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: