2017年03月29日

Bruno Mars「24K Magic」レビュー

24K MAGIC - BRUNO MARS
24K MAGIC - BRUNO MARS

【早期購入特典あり】24K・マジック(ジャケット・ステッカー付き) - ブルーノ・マーズ
【早期購入特典あり】24K・マジック(ジャケット・ステッカー付き) - ブルーノ・マーズ

2016年11月18日発売


曲目
1.24k Magic
2.Chunky
3.Perm
4.That's What I Like
5.Versace On The Floor
6.Straight Up & Down
7.Calling All My Lovelies
8.Finesse
9.Too Good to Say Goodbye

順位
・2位(US)
・3位(UK)


レビュー
・Bruno Mars 3rdアルバム。
2014年には客演した「Uptown Funk」が世界的大ヒットを記録していたが、オリジナルとしては前作から4年のインターバルを置いてのリリース。

アルバムはUSではMetalicaに阻まれ2位、UKではLittle MixとMetalicaに阻まれ3位どまり。
シングルも「24K Magic」は4位止まりとここまで1位を連発してきた彼にしてはやや苦戦してる感じがある今作。(2ndシングル「That's What I Like」が現状2位なのでもしかして1位獲れるかも・・・だけど)

しかしアルバム内容的には個人的に最高傑作
いきなりパリピな「24K Magic」にはビックリだけど、基本的には前作「Unorthodox Jukebox」収録の80sリスペクトな「Treasure」の路線をもっと拡充したような感じ。
「世界一のメロディーメイカー」なんて日本では言われてたりするけど、「Just the Way You Are」のようなポップスに振り切った曲はほぼ無く(と書くと語弊があるけど極上メロディーはそのまま)
ファンキーなサウンドが特徴的な「Chunky」やニュージャックスウィングな「Finesse」などをはじめ今作では彼が影響を受けたであろうアーティスト、楽曲へのリスペクトや回帰を強く感じられる。80~90s近辺のR&Bを彼なりに昇華して作り上げた・・・といえば伝わりやすいかな?
また彼自身は今作に関して「映画を作りたかった」と語っているが、(例としてPrinceの「Purple Rain」を挙げている)確かに映画のような一体感を今作から感じられる。アルバムにビシッと芯が通っている感じだ。
最初9曲という短い内容であることも最初は4年も待って9曲?って思ったけど、いざ聞いてみると長すぎず短すぎずのちょうど良い曲数で、アルバムとしてのだいぶ引き締まって聞こえる。

今までの彼はどっちかというと若い人向けな感じがあったけど、今作は確実に30~40代にも訴求力があると思うし(何かしら引っかかる部分はあるはずっ!)、より幅広い世代も聴ける良質な1枚に仕上がっているのではないかな〜と思う。


評価
97点

24K Magic


That’s What I Like

posted by Shouta at 21:56| Comment(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: