2017年05月05日

花澤香菜 ALLシングルレビュー part2


Base Ball Bear
恋する感覚 -feat. 花澤香菜-
2013年6月26日発売
THE CUT  (初回生産限定盤) - Base Ball Bear
THE CUT (初回生産限定盤) - Base Ball Bear
Base Ball Bear 3rd mini Albumから。小出ではなく、関根史織と花澤香菜のツインヴォーカルとなっている。曲自体はべボべらしいストレートなポップロックって趣きで特段、花澤香菜に寄せた印象は無い(べボべ名義なので当たり前っちゃ当たり前だけど)。
ただ花澤香菜がソロでやっている楽曲の中で小出の書くような歌詞の世界観(ちょっとザラザラしたような恋心みたいな)はあんまり無いなぁ〜と思う。
あとサビ前の「きゅるり」のフレーズは両者とも物凄く可愛いです。

ちなみに2ndアルバム「25」で小出は「last contrast」という楽曲を花澤香菜に提供している。
★★★★☆


RO-KYU-BU!
2nd single Get goal!
2013年7月10日発売
Get goal! (LIVEチケット優先販売抽選申込券付)(初回限定盤)(TVアニメ「ロウきゅーぶ! SS」OP&ED主題歌) - RO-KYU-BU!
Get goal! (LIVEチケット優先販売抽選申込券付)(初回限定盤)(TVアニメ「ロウきゅーぶ! SS」OP&ED主題歌) - RO-KYU-BU!
テレビアニメ『ロウきゅーぶ!SS』主題歌。同アニメの続編が作られたことでユニットも再始動ということになったようだ。単純に前作から2年経ってこのメンツの豪華さが増したような気もする。

前作同様 作詞KOTOKO、作曲・編曲八木沼悟志のコンビ。前作よりもシンセの音も強くなり、よりfripSideっぽさが増したような・・・。ラップパートは可愛いと思ったけど(笑)こういうカッコいい系の曲だと花澤香菜のヴォーカルは浮くな〜と凄く感じる。このグループの中だと日笠陽子の声が一番曲調にあってるかな〜と。
★★★☆☆



5th single 恋する惑星
2013年12月25日発売
恋する惑星(初回生産限定盤) - 花澤香菜
恋する惑星(初回生産限定盤) - 花澤香菜
作詞岩里祐穂、作曲北川勝利による楽曲。岩里祐穂は今作以降も作詞として参加しており、花澤自身が作詞を手掛ける際にもサポートをしてたりするようだ。
キラキラしたキュートなポップス(ちょっとメルヘンチックな感じも)で花澤香菜の可愛らしいヴォーカルが全面的にフューチャーされている。路線的には前4作と同じだけど、メロディー的には今まで一番冴えていてとびきりキャッチーだ。
岩里祐穂の書く詞も花澤香菜のイメージを反映させたようなラブソングに仕上がっていて
北川勝利&花澤香菜によるポップ曲の中では断トツで1番好き!! 
MVもシングル中で一番かわいいかもしれない・・・。
★★★★★



2nd album 25
2014年2月26日発売
タイトルと曲名、花澤香菜の年齢がすべて25。
作詞で参加している岩里祐穂を中心メンバーに据えて花澤香菜の思いをテーマにアルバムが製作された。


Brand New Days
25(初回生産限定盤) - 花澤香菜
25(初回生産限定盤) - 花澤香菜
矢野博康作詞作曲。
エレクトロポップスなんだけど花澤香菜の可愛らしいヴォーカルをこれでもかっ!というくらいに可愛らしく演出した1曲じゃないでしょうかね?
冒頭の「ドンタン! ドタン!」ってボイスパーカッション、可愛すぎないっすかね??間奏でセリフ調の歌詞があるのもポイント高いっすねぇ・・・。なんだ、この可愛さは(べた褒め)
★★★★☆




YESTERDAY BOYFRIEND
25(初回生産限定盤) - 花澤香菜
25(初回生産限定盤) - 花澤香菜
作詞・西寺郷太、作曲・編曲・奥田健介・・・はい、NONA REEVESコンビです。
以前西寺郷太が作詞した「CALL ME EVERYDAY」の際も奥田健介がギターとして参加していたんだけど、曲が完成するまで名前は伏せられていたみたいですね。
NONA REEVESさも感じられる胸キュンポップスでこれもなかなか良い曲。
★★★★☆



flattery?
25(初回生産限定盤) - 花澤香菜
25(初回生産限定盤) - 花澤香菜
古川本舗作詞作曲。現在もラジオ番組「花澤香菜のひとりでできるかな?」のEDとして使用されているナンバー。卒業と旅立ちを描いた歌詞とアコースティックなサウンドが特徴的なんだけど、前向きさも感じるしそこまで感傷的な感じは無い。アコギ以外にもいろんな楽器が入っていてオシャレな雰囲気も感じられ、アルバムの中でも好きな1曲。
★★★★☆



Merry Go Round
25(初回生産限定盤) - 花澤香菜
25(初回生産限定盤) - 花澤香菜
作詞・岩里祐穂、作曲・北川勝利という花澤香菜のソロプロジェクトに全面的に参加している黄金コンビ。
ここに編曲・宮川弾(彼も花澤作品にはよく参加している)が加わることでよりカラフルなアレンジが為されているのがポイント。この曲に関してはライブの時の彼女の振りが最高に可愛いのでホント必見です!
★★★★☆



6th single ほほ笑みモード
2014年10月1日発売
ほほ笑みモード(初回生産限定盤)(DVD付) - 花澤香菜
ほほ笑みモード(初回生産限定盤)(DVD付) - 花澤香菜
作曲はStudio Apartmentでクラブミュージックを取り入れた意欲作。今作からシングルにおいて様々なジャンルのアーティストとコラボすることが多くなる。
Amazon等のレビューでもあんまり評判を良さげではない・・・んだけど、まぁ確かにこういうスタイリッシュなサウンドはそこまでリスナーが求めてないんだろうなぁと思う。
ただ正直なところ、シングルにおけるポップス路線は行き詰まったと思うので遅かれ早かれ路線変更はあっただろうなと。個人的にはスタイリッシュなダンスビートに可愛らしいヴォーカルが乗るのはなかなか斬新で聞きごたえがあって良いな〜と思う。
★★★★☆



7th single こきゅうとす
2014年12月24日
こきゅうとす(初回生産限定盤)(DVD付) - 花澤香菜
こきゅうとす(初回生産限定盤)(DVD付) - 花澤香菜
相対性理論のやくしまるえつこによるプロデュース作品。
前作とは雰囲気こそ似通っているけど、花澤香菜の世界観には無いダウナーな世界観を感じられる歌詞と盛り上がり切らない曲調が特徴。甘いヴォーカルは楽曲の世界観に寄り添っていない・・・んだけどお互いに良さを消しあわない絶妙なバランスを保っていてこれまでの楽曲の中でも最もアーティスティックな一面が見えてくる1曲だ。
★★★★☆



posted by Shouta at 22:31| Comment(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: