2017年06月08日

Linkin Park「One More Light」レビュー

One More Light - Linkin Park
One More Light - Linkin Park

【Amazon.co.jp限定】ワン・モア・ライト(特典ロゴステッカー付き) - リンキン・パーク
【Amazon.co.jp限定】ワン・モア・ライト(特典ロゴステッカー付き) - リンキン・パーク

2017年5月19日発売


曲目
1.Nobody Can Save Me
2.Good Goodbye(featuring Pusha T and Stormzy)
3.Talking to Myself
4.Battle Symphony
5.Invisible
6.Heavy (featuring Kiiara)
7.Sorry for Now
8.Halfway Right
9.One More Light
10.Sharp Edges

順位
・1位(US)
・4位(UK)


レビュー
・Linkin Park 7thアルバム。
結果からいうと前々作以来の全米1位を記録して今作はある程度の成功を収めたといえる・・・が、先行で公開された「Heavy」がサウンドがヘビーじゃないと賛否両論になった。続いて公開された「Battle Symphony」「Good Goodbye」と次々とポップなナンバーが解禁されていき、今作はそういった路線なんだろうなぁ〜と複雑な気持ち・・・になった覚えがある。
個人的にはそこまで1st,2ndを崇めてそれ以外を認めない!というファンではないので、ポップスだから微妙というわけはないんだけど最初はほとんどバンドサウンドから離れていったのはちょっと・・・という感じだった。


ただ ニューメタル、ラップメタルとかそういったジャンルの筆頭として登場したLinkin Parkが10年以上チャート最前線にいたのは同ジャンルのバンドにはない圧倒的なメロディセンスと次々と作品毎に変わる音楽的な挑戦を続けていることが挙げられると思うので、今作のポップ路線も見方を変えればバンドの持っていたメロディセンスを最も活かすことのが出来るものなんだろうと理解することが出来た。
アルバム全体としてはポップスを基調にヒップホップ、R&BなんかをLinkin Park風に昇華した感じでほとんどロック方面に向いてないのも賛否両論の一因かな〜という気はする。サウンドもちょこちょこ最新のトレンドを組み込んだような雰囲気もあるし、外部ソングライターの介入もあるし、確かに今までのLinkin Parkとは確実に違う部分は感じられる。ポップ路線そのものよりもこの辺が楽曲の仕上がりに変化を生んでて賛否両論になってるのかなぁと思ったりした。
ただ個人的にはポップス嫌いじゃないし、楽曲1曲1曲のキャッチーさだけなら過去最高レベルなので、非常に馴染みやすくて何回聞いてたらだんだん慣れてきた(笑) パッと聞いて合わないからってすぐに批判するのは良くないよね、聞き込みが大事。

まとめとしてはファン層とマッチしてない作品を出す姿勢ってめちゃくちゃロックじゃないってちょっと思いましたし、
Linkin parkは今後もどんどん路線を変えていくんだろうなと感じました。


評価
83点

Heavy


Talking to Myself

posted by Shouta at 17:38| Comment(2) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
次回作に期待が持てますね
傑作の5thは3rdと4thのいいとこどり
次回作も6thと今作のいいとこどりを期待してたり
ただ6thはあくまででルーツ回帰だったので次も実験してまとめはその次になりそうだなーとも思ってます
Posted by akakad at 2017年06月28日 22:17
akakadさんへ
今後の彼らはどうなるんでしょうかね?
6thと今作のいいとこどりっていうのはちょっと想像しにくい感じもありますが、実現したら面白そうですね。
Posted by Shouta at 2017年07月02日 22:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: