2017年08月03日

ROUND TABLE「CANNON BALL」レビュー

CANNON BALL - ROUND TABLE
CANNON BALL - ROUND TABLE


1999年12月8日発売


曲目
1.Mr.Cannonballer
2.Perfect World
3.Moon Light
4.Everlasting Daydream
5.It’s O.K.? Mr.No.1
6.Bamallama Baby
7.Mr.Cannonballer Strikes Back
8.Fly
9.Timeless
10.So Many Colors
11.Brand New Car
12.Say Goodbye


レビュー
・ROUND TABLE 2ndアルバム。
先行シングルとして「Perfect World」がシングルカットされている。なお今作リリース4か月後にベストアルバム「Look Arond」がリリースされているが、今作からは1曲も収録されていない。

前作の渋谷系ポップスから一転、1曲目からどっしりとしたハードなギターサウンドを聞かせるロックなアルバム。ハードロックでは無いが、ギターポップというよりかはギターロックといったほうがサウンドを言葉で表現するには適切かもしれない。ギターでも野村義男、ROLLY、ドラムスでも四人囃子の岡井大二が今作に参加しているので音自体はかなりカッコいい。
中でも短いフレーズを繰り返すだけでほぼインストの「Mr.Cannonballer Strikes Back」に今作の路線のカッコよさが一番出てると思う。
また前作でも短めの曲でソロヴォーカルを取っていたが、伊藤利恵子が「FLY」でガッツリソロでヴォーカルを取っているのも特徴。良い声だし曲にマッチしてるしもっと歌えばいいのに・・・って今作を聞いてて思いましたよ。この北川勝利の楽曲×女性ヴォーカルの親和性の高さは聞けば分かると思うけど、今後のNinoの活動に繋がっていったのかなぁ〜と思ったり。

とここまでいろいろ言ってきたけどメロディーセンスとかは今までと変わっておらず、そこを潰そうとしているわけでもないのでハード目のロックサウンドが大丈夫って人なら今作も気に入るはず。
個人的にはシューゲイザーとかドリームポップっぽい「Timeless」が好き。



評価
86点

Perfect World



posted by Shouta at 23:34| Comment(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: