2017年08月08日

King Crimson「In The Court Of The Crimson King」レビュー

クリムゾン・キングの宮殿 - キング・クリムゾン
クリムゾン・キングの宮殿 - キング・クリムゾン


クリムゾン・キングの宮殿(K2HD/紙ジャケット仕様) - キング・クリムゾン
クリムゾン・キングの宮殿(K2HD/紙ジャケット仕様) - キング・クリムゾン


クリムゾン・キングの宮殿 デビュー40周年記念エディション2CD版 - キング・クリムゾン
クリムゾン・キングの宮殿 デビュー40周年記念エディション2CD版 - キング・クリムゾン
1969年10月10日発売


曲目
1.21st Century Schizoid Man including Mirrors
2.I Talk To The Wind
3.Epitaph including March For No Reason and Tomorrow And Tomorrow
4.Moonchild including The Dream and The Illusion
5.The Court of the Crimson King including The Return Of The Fire Witch and The Dance Of The Puppets


順位
・5位(UK)


レビュー
・King Crimson 1stアルバム。
プログレッシブ・ロックというジャンルの記念碑的なアルバムで、そのとんでもないインパクトの顔ジャケが有名でもある。邦題は「クリムゾン・キングの宮殿」。バンド名もここから取られた。

個人的には初といってもいいプログレ作品。
ひとまず1曲目の「21st Century Schizoid Man including Mirrors」(邦題21世紀の精神異常者)のインパクトが凄い。ハードロック調にラウドに鳴らされるギターとそれと同等以上に楽曲で存在感を発揮しているサックス、まさにロックとジャズの融合と言える楽曲に仕上がっている。
歌入りパートはあまり多くなく、ほぼインストなんだけどインストだけでも十分お腹いっぱいになるレベルの演奏密度だ。
ただインパクトという意味ではこの曲が頭一個も二個もとびぬけていて、他の曲はメローなバラード調な楽曲で構成されており初めて聞いたときは退屈に感じてしまった。何回も聞いてくると抒情的なメロディーが良いなって思えてくるんだけど、いかんせん曲が長いのでその域に達するまではまぁまぁ時間かかった(笑)
あと「Moonchild」の後半の散漫なジャムセッション(というのも実際アルバムの収録時間が余ったから急遽作ったパートらしい)はもうかったるくて・・・。これは今も良さがわかんない。
これを乗り越えたら表題曲の「The Court of the Crimson King」が待ってるから頑張って聞いてる感じだなぁ。
とりあえずプログレ初作品としてプログレっていうジャンルの良さが少しでも分かったのは良かったと思う。



評価
84点

21st Century Schizoid Man including Mirrors
posted by Shouta at 18:26| Comment(1) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
King Crimsonは強烈ですけど好き嫌いが分かれるように思います
無難なのはポップなGenesis次点はYesと思ってます
個人的にはYesから派生したAsiaが1番好きなんですけどね
Posted by akakad at 2017年08月13日 21:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: