2018年07月20日

Alcest「Souvenirs d'un Autre Monde」レビュー

Souvenirs D'un Autre Monde - Alcest
Souvenirs D'un Autre Monde - Alcest

2007年8月8日発売


曲目
1.Printemps Emeraude
2.Souvenirs D'Un Autre Monde
3.Les Iris
4.Ciel Errant
5.Sur L'Autre Rive Je T'Attendrai
6.Tir Nan Og




レビュー
・Alcest 1stアルバム。
AlcestはNeigeによるソロプロジェクトとして発足したフランスのバンドでブラックメタル、シューゲイザー、ポストロックといった音楽の要素を組み合わせたブラックゲイズというスタイルの音楽を表現している。

ブラックメタル??というとだいぶ身構えてしまう(凄い激しそうで)けど、
Alcestに関してはブラックメタルっぽくはそこまで無くて(言葉的にはホワイトって言いたいくらい音が明るい)、また轟音はマイブラとかみたいなシューゲイザーの要素の方が強い。
音も民族音楽っぽい部分もあったりして幻想的なサウンドメイクが特徴的。
歌メロも綺麗で目を閉じて聞くと綺麗な風景が頭の中に広がるようだ。好みドンピシャ。

この曲なんて光の雨が降ってくるかのような美しさ、抒情的な音でしょ。
シューゲイザー系は色々つまみ食いしたけど、いまのとここのアルバムが一番好き。





評価
90点

Souvenirs D'Un Autre Monde






ラベル:CDアルバム Alcest
posted by Shouta at 20:00| Comment(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: