2018年07月30日

Alex Turner「SUBMARINE」レビュー

SUBMARINE EP - ALEX TURNER
SUBMARINE EP - ALEX TURNER

2011年2月14日発売



曲目
1.Stuck on the Puzzle (Intro)
2.Hiding Tonight
3.Glass in the Park
4.It's Hard to Get Around the Wind
5.Stuck on the Puzzle
6.Piledriver Waltz




レビュー
・Alex Turner 1st EP。
イギリスのロックバンド、Arctic Monkeysのフロントマンであるアレックスのソロ作品。映画「サブマリン」のために書き下ろされた6曲。

このソロEPはアレックスのヴォーカルとシンプルなサウンドのみで構成されていて、歌モノとしてのメロディが際立つ内容になっている。バンドではメロディーの良さという部分に焦点を置かれることがそんなにない(と思ってる)ので、そのソロEPではそんな彼のソングライティング力の素晴らしさを今作では再認識できると思う。ついつい見逃しがちな作品ではあるけど、アクモンが好きなら必聴な1枚だし、ガレージロックのイメージばかり持ってる人からしたらこのEPの美メロっぷりは驚くんじゃないかな?

実はこれを発売した同年にArctic Monkeysでも新作「Suck It and See」を発売しており、「Piledriver Waltz」が再録されている。
そんなわけで歌モノ路線だった「Suck It and See」の原点になったんじゃないかな?と思ったりする。




評価
89点


Piledriver Waltz





posted by Shouta at 15:54| Comment(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: