2017年12月24日

2017年度 (超個人的)音楽ランキング 楽曲編 part1

今年のベストソング
21〜30です!

21 FLOWER MARKET /花澤香菜
Opportunity(初回生産限定盤) (Blu-ray Disc付) - 花澤香菜
Opportunity(初回生産限定盤) (Blu-ray Disc付) - 花澤香菜
GREAT3の片寄明人提供曲。歌詞は安定の岩里祐穂。
こういう曲ってなんてジャンルなんですかね。凄くカラフルなポップで好きなんですよね。曲名みたいにお花がずらっと並んでるイメージなんだけど言葉に上手くできない笑。自分の音楽知識の無さが恨めしい・・・。
(12:48くらいから〜)



22 Sweet Survivor / NONA REEVES
MISSION - ARRAY(0xde2d8c8)
MISSION - ARRAY(0xde2d8c8)
イントロのベースラインがクール!実はノーナのオリジナルアルバムを聞いたのは最新作が初めてなんだけど、凄く僕好みのポップスまみれでなんで今まで聞かなかったか自分を責めました。マイケル、プリンスとかあの辺の80sっぽさをうまくノーナっぽく邦楽の枠組みの中に落とし込んでる感じが良い。
やっぱりポップなのが良いよね。


23 Heavy / LINKIN PARK feat. Kiiara
ワン・モア・ライト - リンキン・パーク
ワン・モア・ライト - リンキン・パーク
音がHeavyじゃない!って出たときに言われてたけど歌詞は凄くHeavy。凄く後ろ向きでMVもそれを反映してか、自分自身と殴り合うシーンなんかもあったりする。
今となってはチェスターが自殺してしまい、この曲も「チェスターの気持ちを表してる」みたいな捉え方をされちゃうけど、そういう捉え方じゃなくて誰しも重く抱え込んでしまうことをチェスターが歌ってくれて一人じゃないと言ってくれてたんだと捉えたい。


24 Hard Times / Paramore
アフター ・ ラフター - パラモア
アフター ・ ラフター - パラモア
エモさがすっかり抜けてニューウェーブっぽさ満載のポップロックに仕上がっている。あとなんとなく80sっぽい匂いも。エモ系ではもはや無いかもしれないけど実はこのポップさが割と中毒になってヘビロテしてた。
コテコテのポップネスは大好物なので。



25 Perfect / Ed Sheeran
÷(ディバイド) - エド・シーラン
÷(ディバイド) - エド・シーラン
エドちゃんお得意のバラード。こういう系のバラードを書かせたらほんと素晴らしい。言うこと無い。
べたべたで甘々な歌詞とメロディーだけどこういうのがたまに無性に聞きたくなる。
相変わらずスターになり切れない垢ぬけないエドシーランのルックスも個人的には好きですね(音楽の話じゃないのか笑)
現在進行形でアメリカとイギリスのチャート1位を取ってますね。



26 Lights Out / Royal Blood
How Did We Get So Dark? - ROYAL BLOOD
How Did We Get So Dark? - ROYAL BLOOD
ロックが元気がない時代にベースとドラムのツーピースで圧倒的人気を獲得しているロックバンドRoyal Blood。こういうのがイギリスで1位を取ったりするのでロックもまだまだ捨てたもんじゃないっすね。
最初聞いたときはベースなのにギターみたいな音でビックリしましたね・・・その衝撃さは最新作には無かったものの安定のカッコよさでした。ぶっちゃけ最新作はそこまで好きでもないんだけどこの曲だけ凄く好きなのとサマソニ補正でこの位置に。



27 Something Just Like This / The Chainsmokers & Coldplay
Memories... Do Not Open - Chainsmokers
Memories... Do Not Open - Chainsmokers
EDMで初のアルバムチャート1位を記録して波に乗っているThe Chainsmokersと2000年代で最もアルバムを売り上げている Coldplayのコラボ。ColdplayはAviciiとコラボ経験があったけど、あの曲とは違って爽やかなポップ調の曲に仕上がっている。The Chainsmokers自体EDM・・・というかポップ志向が強いグループなのでColdplayとの親和性も高かったんだなぁ。
それにしてもロックが元気がない時代に時流を取り入れてヒットを必ず飛ばしてくるColdplayはさすがといったところか。


28 Thunder / Imagine Dragons
エヴォルヴ - イマジン・ドラゴンズ
エヴォルヴ - イマジン・ドラゴンズ
今、人気で言ったら1、2を争うレベルのロックバンドImagine Dragons。といってもゴリゴリのロックじゃなくて大型のドラムとかドラとかがリズム楽器として導入されてる盛り上がれるスタジアムロックって感じ。
この曲もおおよそロックとは言えない感じで、サビの「サンダ♪」の繰り返しもへんちくりんなイメージしかなかったんだけど、繰り返し聞くとこれが癖になるという・・・。直後に入る「ドンドンドン」っていうドラムも良いぞ。ライブ映像で見るとなおいい。



29 シン・ゾンビ / GLAY 
SUMMERDELICS(CD+2DVD) - GLAY
SUMMERDELICS(CD+2DVD) - GLAY
HISASHIによる飛び道具楽曲。太鼓の達人の要素をぶち込むというあまりにも予想外なアプローチが驚かされるが、他にもいろんな遊び心満載。全盛期では考えられないような曲かもしれないけど、こういうGLAYも個人的には全然ありだ。



30 回奏パズル / スキマスイッチ
re:Action(初回生産限定盤) - スキマスイッチ
re:Action(初回生産限定盤) - スキマスイッチ
KANがスキマスイッチの今まで発表してきた楽曲を細切れにして再構成したというとんでもない1曲。
話題性抜群でそういった面白さもあるんだけど、これでちゃんとした名曲になってるんだから不思議。スキマスイッチはアルバムもそこそこ聞いてるので「ここはあの曲か」みたいな聞きながら元々の曲を探すのが結構楽しい。
アルバム本編も企画ものとしては良かったけど、オリジナルアルバムをやっぱり聞きたいね。

posted by Shouta at 18:48| Comment(0) | 年度別音楽総括 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月18日

2017年度 (超個人的)音楽ランキング 楽曲編 上半期

ハイ、恒例のやつです

1.Shape Of You / Ed Sheeran
「Thinking Of Lound」では果たせなかった全米1位を獲得、文字通り全世界で大ヒットを記録(現在進行形で)している楽曲。
アコースティックなサウンドの楽曲が多い彼にとってこういったタイプの楽曲は実は珍しい。
めちゃくちゃ派手というわけでもないし、「Thinking Of Lound」みたいにガッツリ聞かせるメロディーラインがあるわけじゃない。が、淡々と刻まれるリズムとリフレインされていくサビフレーズはものすごい中毒性を感じる。長期にわたって全米、全英の1位を独占し続けていたのはこの中毒性がキーなんじゃないかな?と個人的には思っている。売れるべくして売れた感じのある名曲。
MVのラストはエドシーラン本人のアイデアっぽいけど正直意味不明。なんの意図があってお相撲さんが出てくるんだ・・・教えてエドシーラン!



2.荒野を歩け / ASIAN KUNG-FU GENERATION
アニメ映画「夜は短し歩けよ乙女」主題歌。正直歌詞を見ないと何を歌ってる歌詞は置いておいてWonder Futureのモードを感じさせつつも初期のパワーポップ路線に近いサウンドは凄く良い。というかWeezerが去年出した「Weezer(The White Album)」っぽさない? 影響受けてるよねたぶん。
サビはそこまでキャッチーじゃないし、これが代表曲になる曲か?って言われたら違うかもしれない。でもこのWeezer大好きな僕からするとこのパワーポップ感は凄くたまらないのだ。


3.HEARTRAIL / 小松未可子
アニソン制作グループQ-MHzとタッグを組んで出来たアルバムのリードトラック。このQ-MHzにはアニソン方面で大活躍なUNISON SQUARE GARDENの田淵智也も参加してるんだけど、その影響なのかサウンドがガッツリロックバンド化。かなりカッコいいっす。
あと小松未可子自身のキャラをきちんと反映させた曲展開と歌詞という部分はファン的な目線になっちゃうんだけど、ただ明るいだけだと天真爛漫になっちゃうところをサビの前に平メロで翳りの部分を見せることで人間味を出していくあたりの手腕が凄いうまいと思う。それでいて彼女自身の歌唱と表現がかなりしっかりしているのでメッセージも伝わりやすい。
声優のアルバムは制作陣が豪華、音楽的な評価が高いとかアニメ方面以外からも評価が高まってると思うんだけど、この曲は変に捻りが無くストレートなポップロックに仕上がってるのですごく聞きやすいと思う。聞いて!


4.Wall of Glass / Liam Gallagher
Beady Eye解散から3年…ようやくロックンロールスターが帰ってきた。
というわけで元Oasisのヴォーカリスト・リアムギャラガーのソロデビュー曲です。Twitter芸人と化してた時期もあってたけどやっぱりリアムは歌ってないとね!
なんとソロアルバムはAdeleなどのアルバムを手掛けたことがあるグレッグカースティンをタッグを組んで制作してるとのこと。この曲のクレジットもグレッグカースティンの名前が。リアムの曲は個人的には好きだけど、いささか地味になりがちだったのでグレッグがきちんとそこんとこ舵取りしてくてたんだろうなぁと思う。それでいてリアム色が薄まってないのはお見事としか言いようがない。
史上最高にカッコいいロックンロールスターがこれ以上ないくらい輝いてるのでぜひ聞いて。


5.Hard Times / Paramore
前作で全米1位を獲得したParamoreが4年ぶりに新作。前作の時点でだいぶエモさは薄まっていたんだけど、今作ではエモさどこ・・・?状態。その辺が受け入れられない人も多かっただろうけど、新曲のこのレトロチックでキュートなポップス感、たまらなくないですか?
もともとパラモアはエモかったけどポップでもあったし、そのポップの部分を80sというフィルターに通したらこんな可愛くレトロなポップに仕上がった感じなんでしょうね。洋楽聞かない人でもこの曲は絶対!いいな!って思うから聞いて!(さっきからそれしか言ってない)



6.ヒトリゴト / ClariS
エロマンガ先生とかいうかなり危ないタイトルのアニメのOP。
といってもこのアニメの原作者は「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」を手掛けた人なので、Clarisの代表曲「irony」と同じコンビということになる。この情報が解禁になった時の期待値の高さと言ったらそりゃもう・・・凄いもんだったと思いますよ。そんなわけあってかここ数作ではかなり力の入ったキャッチーさと感じる楽曲。スカっぽいアレンジも良いアクセントになってる。ここ最近のClariSはなぁ・・・って人こそ聞くべき名曲。
肝心のアニメは・・・俺は受け付けなかったけどね(笑)


7.エゴサーチ&デストロイ / ドレスコーズ
不気味なジャケ写はどうにかならないんでしょうか・・・。まったくもって平凡じゃない内容を引っ提げてリリースされたアルバム「平凡」ですが、なんというか凄い。全体的にファンクとかソウルの跳ねたリズムが特徴的なんだけど、それをきちんとドレスコーズという枠組みの中に落とし込んでてまったくもって平凡じゃない(笑)中でも1曲選ぶならこの曲かな〜という感じで選曲。髪を切った志麻遼平もカッコいい。
声がなぁ・・・といって聞いてない人、たぶん損してるぞ。


8.FLOWER MARKET / 花澤香菜
UKサウンドをテーマに制作されたアルバム「Opportunity」 その中からの1曲。
サイケデリックさも感じさせるキュートなポップソングでオルガンの音色が良いアクセントになってる。様々な花の名前を散りばめた歌詞がキュートさを数倍マシにしてるんだけど、作詞担当した岩里祐穂さんグッジョブ!
GREAT3という知る人ぞ知るバンドのオリジナルメンバーが集まって録音してる(メンバーの1人である片寄明人が作曲)というのがこの曲のポイントかな〜。俺、GREAT3 知らなかったけど(笑)


9.Slide feat.Frank Ocean & Migos / Calvin Harris
EDM界を牽引するカルヴィンハリスによる脱EDMソング。
去年リリースされた「Blonde」が過去最大レベルの賛辞を持って迎えられたフランク・オーシャンと2017年大活躍中のラッパ―グループMigosをフューチャリングとして迎えている。
EDMでよく見受けられる盛り上がったサビの後に高揚感を感じる鳴り響くフレーズみたいなものは無く、終始メローな感じでかなりR&Bに接近してることが伺える。しかもポップスとしても通用するようにきちんとキャッチーな感じにまとめ上げているのはさすがカルヴィンハリスといった感じ。
なんだろ、ダフトパンクの「Random Access Memories」的なものを目指してるのかな。


10.Morning Glory / (K)Now_NAME
由乃ちゃんが可愛い・・・。
アニメ「サクラクエスト」OP
爽やかな朝を思わせる明るい曲調、ハキハキとした前向きさを感じる歌詞、バンドサウンドを基調にしつつもかなり華やかなアレンジが為されているカラフルさ、どれをとっても「サクラクエスト」にマッチしてるとしか言いようがない。今回のタイアップで初めて知ったユニット(バンド?)だけど今後要チェック。アニソン舐めてたら痛い目にあうぞ!



10位以下はこんな感じ。
11.ようこそジャパリパークへ / どうぶつビスケッツ×PPP
12.You're In Love With A Psycho / Kasabian
13.雲に歌えば / 花澤香菜
14.リボン / BUMP OF CHIKEN
15.Heavy feat.Kiiara / Linkin Park
16.ハニーアンドループス / 豊崎愛生
17.Amsterdam / Nothing But Thieves
18.Galway Girl / Ed Sheeran
19.Lonely Battle Mode / 小松未可子
20.Cold feat.Future / Maroon5
21.Light Out / Royal Blood
22.Slow Hands / Niall Horan
23.The Cure / Lady GaGa
24.O-V-E-R-H-E-A-T / NONA REEVES
25.遥か遠くに / 奥華子



posted by Shouta at 23:12| Comment(0) | 年度別音楽総括 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする