2016年06月21日

2015年上半期ランキング アルバム編




1位 Sea and The Darkness / Galileo Galilei
Sea and The Darkness(初回生産限定盤)(DVD付) - Galileo Galilei
Sea and The Darkness(初回生産限定盤)(DVD付) - Galileo Galilei
ラストアルバムにして最高傑作。
以前からバンドの終了を考えていたと言っていたので今作がラストになるということを念頭において作られた・・・のかな? 彼らが追求してきたインディーポップの洋楽とJ-ROCKの邦楽の融合の完成形とも言える作品。歌詞の方も自分の内面に向き合った内省的なモノになっているが、バンドの終了自体は後ろ向きなものでは無いので今作からは一種のやり切った感じを受ける。

2位 Weezer(The White Album)/Weezer
ウィーザー(ホワイト・アルバム) - ウィーザー
ウィーザー(ホワイト・アルバム) - ウィーザー
4枚目のセルフタイトルアルバム。ジャケ写が白いのでホワイトアルバムと呼ばれる。
1st,2ndのみんなが求めるWeezer像に寄せつつ、最新のWeezerを提示した傑作。ここに来てメロディもキレキレでWeezer2度目の最盛期を迎えているんじゃないだろうか?
ビーチアルバムということもあり、これからの季節にはピッタリの1枚でしょう。

3位 Q-MHz / Q-MHz
Q-MHz - Q-MHz
Q-MHz - Q-MHz
畑亜貴、田代智一、黒須克彦、田淵智也に構成されるプロデュースグループ。曲ごとにゲストヴォーカルを招いており、今作ではLiSA、小松未可子、鈴木このみ、南條愛乃、東山奈央が参加している。
彼女たちが普段の歌手活動では見せないようなジャンルやアレンジの楽曲で今までとは異なった新たな一面を引き出しているアルバム。楽曲自体も結構凝ったアレンジが為されていて非常に聞きごたえがあり、これからのQ-MHzとしての活動も期待大!


4位 A Moon Shaped Pool / Radiohead
ア・ムーン・シェイプト・プール - レディオヘッド
ア・ムーン・シェイプト・プール - レディオヘッド
5年ぶりの新作。聞いて分かるようにトムヨークの離婚という出来事が大きくバンドに影響を与えている。前作のような難解さは無く、より歌詞もサウンドも内省的なモノになっているのが特徴的だ。一方でメロディーがここ数作の中では最もキャッチーなモノで歌モノとしての楽曲が多く、非常に聞きやすい。
「True Love Waits」なんかは10年越しのスタジオ音源化ということでメロディーのキャッチーさは昔の曲をレコーディングしたっていう部分も大きいのかなぁ?


5位 勇気も愛もないなんて/NICO Touches The Walls
勇気も愛もないなんて(初回生産限定盤)(DVD付) - NICO Touches the Walls
勇気も愛もないなんて(初回生産限定盤)(DVD付) - NICO Touches the Walls
ロックな前作に比べて今作は歌をメインに据えて作られただけあって非常にキャッチーな曲が並んでいて聞きやすい。ベスト盤からだいぶ時間は経ってしまったが、こういった境地に達するまでに必要な時間だったんだと思う(歌に向き合ったアコースティック盤の影響もあると思う)。


6位 Everything At Once/Travis
エヴリシング・アット・ワンス(デラックス)(初回限定盤)(DVD付) - トラヴィス
エヴリシング・アット・ワンス(デラックス)(初回限定盤)(DVD付) - トラヴィス
デビュー20周年を迎えたTravisの新作。
5年ぶりの復帰作である前作とは異なり、非常にポップで風通しの良い作品に仕上がっている。
「Magnificeny Time」の突き抜け具合は20年のキャリアのあるバンドとは思えない(笑)
またフラン以外のメンバーによる楽曲の完成度がグングン上がっており、「Animals」なんかは今までのシングルと比べても遜色ないレベルだ。


7位 歌物語
歌物語-〈物語〉シリーズ主題歌集- (完全生産限定盤) - 〈物語〉シリーズ
歌物語-〈物語〉シリーズ主題歌集- (完全生産限定盤) - 〈物語〉シリーズ
人気アニメ「物語シリーズ」のOP,EDを集めた主題歌集。収録範囲は「花物語」までなのでそれ以降の作品の主題歌は未収録。この作品は話ごとにヒロインがおり、そのヒロイン固有のOPが制作されるので大量のOPがあるんだけどどれも物語のストーリーをとらえつつも良質なポップスに仕上がっている。
ほぼ全てのOPを担当しているmegrock×神前暁はやっぱり完璧なコンビですね。


8位 all time Lovin'/豊崎愛生
all time Lovin'(初回生産限定盤)(DVD付) - 豊崎愛生
all time Lovin'(初回生産限定盤)(DVD付) - 豊崎愛生
ロック色を前面に出したアルバム。
彼女のアルバムはイマイチインパクトに欠ける気がしていたんだけど、ロック色を強めたことでかなり良くなった。かなりギリギリなシャウトの「恋するラブレター」とか凄く良い。
そういえば「叶えたまえ」のシングルジャケはマークボラン・リスぺクトだよね?


9位 The Getaway / Red Hot Chili Peppers
ザ・ゲッタウェイ - レッド・ホット・チリ・ペッパーズ
ザ・ゲッタウェイ - レッド・ホット・チリ・ペッパーズ
リックルービンから離れて新たにデンジャー・マウスを迎えて作られたアルバム。
全体的にサウンドが初期のような荒々しさが復活したものの、どっちかというとオシャレ感が感じられるアレンジで泥臭さとかは感じない。そんだけレッチリ年齢を重ねたんだなぁ・・・


10位 Follow Tracks/やなぎなぎ
Follow My Tracks(初回限定盤)(特典CD+Blu-ray付) - やなぎなぎ
Follow My Tracks(初回限定盤)(特典CD+Blu-ray付) - やなぎなぎ
エレクトロ二クスと距離を置いてポップミュージックに寄せていった・・・というよりかは旅をテーマに作家さんに書いてもらったらポップなモノが結果的に多かったという作品。
彼女自体も前向きな詞が増えているので今の状況にはマッチした楽曲たちになっていると思う。









posted by Shouta at 00:07| Comment(4) | 年度別音楽総括 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月20日

2015年上半期ランキング 楽曲編 part2


続きを
動画が無いのはAmazonのリンク付きで

1位 Hymm For The Weekend / Coldplay

最新作からのシングルカット。ビヨンセを迎えているがほぼコーラス状態という・・・なぜに?
あまりコールドプレイっぽくないR&B的な要素の強いナンバーですけど、シンガロングできるキャッチーなフレーズを描かせたら最強だなぁということを改めて認識した次第です。
そりゃバンド勢皆無のUKシングルチャートでも上位にランクインしますわ。


2位 エーキューライセンス / NICO Touches The Walls

声の調子も絶好調じゃないし、正直このライブ音源はどうかと思うんだけど・・・
このバンドでここまでキャッチーで真っ直ぐなラブソングって無かった気がする。なによりメロディーがキャッチーで今までの作品より より歌モノへシフトしている感じがイイ。
ここまでキャッチーなのは賛否両論あるだろうけどここに来て一皮むけた感ある。

3位 California Kids / Weezer

Weezerのリヴァースのサブプロジェクト・スコット&リヴァースの「カルフォルニア」のセルフカバー。スコット&リヴァースはJ-POPバンドなので非常にキャッチーなメロが耳に残るナンバー。
PVが今作収録曲のPVと関連しているのもポイント。

4位 short hair EGOIST / Q-MHz

(曲は1:18あたりから)
製作者グループ「Q-MHz」の1曲。この曲では小松未可子を迎えている。
「Q-MHz」にはUNISON SQUARE GARDENの田淵が参加しており、おそらく彼主導のアップテンポナンバー。だってUNISON SQUARE GARDEN数曲しか聞いてない自分でも分かるくらい特徴でてるんだもん(笑)
小松未可子のヴォーカルの良いところ+新たな一面を引き出すような曲展開が素晴らしい。


5位 ゴースト / Galileo Galilei
Sea and The Darkness - Galileo Galilei
Sea and The Darkness - Galileo Galilei
ラストアルバム「Sea and The Darkness」から。ベスト盤「車輪の軸」にも選曲された。
ペットを失ったどうしようもない喪失感を描いた詞でフワフワした音像が歌詞の世界観にマッチしていて凄く良い。このアルバムで一番好きな曲だ。



6位 ツッパリくんvs関取マン

てーきゅう8期(!?)OP。無事に今作でてーきゅうは完結(?)
最後ということもあり、OPはメインの4名が歌唱を担当している。歌詞はツッパリくんが強そうな関取マンに喧嘩をうっかり売ってしまうが自分の信念のために立ち向かっていくという・・・例によってテニス無関係の内容。相変わらずキレッキレのメロディと歌詞、サイコウっすね。


7位 ブラックベリー・ジャム / NONA REEVES

マイケル研究家としての活動で最近忙しい西寺郷太のバンド。他のメンバーもしょっちゅういろんな作品に演奏で参加しているのを見る。バンド本体はそこまで知名度は無いかもしれないけどポップス好きなら何処かしらで演奏やプロデュースで彼らに触れてると思う。
曲の方はシティポップの要素強めのゆったりとしてミディアムチューンで80〜90年代を彷彿とさせるサウンドが魅力的だ。

8位 Magnificent Time / Travis

今年20周年のTravis。
ヴォーカルのフランが監督したPVでまさか楽器を放り出してメンバー全員で踊り出すとは・・・(笑)
楽曲も今までにないくらい突き抜けたポップスで爽やか。

9位 ベッド / Galileo Galilei
Sea and The Darkness - Galileo Galilei
Sea and The Darkness - Galileo Galilei
「SEE MORE GLASS」から引き続きゲストヴォーカルにAimerが参加している。
「Sea and The Darkness」はインディーポップ風味のフワフワした音&下支えするバンドサウンドみたいな感じなのが統一されてて今作もそういった作風。
Aimerのヴォーカルと尾崎兄の作る楽曲は親和性高いなぁと再認識した次第。


10位 車輪の軸 / Galileo Galilei
車輪の軸 - Galileo Galilei
車輪の軸 - Galileo Galilei
ベスト「車輪の軸」収録の新曲。
おそらくGalileo Galilei最後の楽曲になると思う。インタビューでも言ってたけどバンド終了を決して後ろ向きではなく前向きに捕えているのが特徴的で「キスしてさよならだ」というサビの歌詞にも前向きさが現れている。





posted by Shouta at 19:44| Comment(0) | 年度別音楽総括 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月18日

2015年上半期ランキング 楽曲編 part1


ちょっと気が早いですけど上半期で個人的に良かった曲をまとめてみました。
例によって邦楽洋楽ごっちゃです。

11位 帰り道 / anderlust

全盛期マイラバの再現みたいな曲でコバタケのプロデュースもキレッキレだったけど実は小林武史の娘だったというオチ・・・
そりゃ娘のデビューソングなら力入りますよねぇ。

12位 夕立方程式/老倉育(井上麻里奈)

人気アニメ「物語シリーズ」の最新作「終物語」のOP(DVD,Blu-rayのみ)。
megrock×ミトの安定のコンビによる楽曲。バックで鳴り響く歌謡曲みたいなギターのフレーズとベースラインが凄く好きな1曲。

13位 Burn The Witch/Radiohead

ストリングスを大胆にフューチャーした久々の新曲。
なんかコールドプレイっぽいけど・・・久々にメロディーが強く残るキャッチーな曲だったので好き。

14位 La fiesta? fiesta!/Q-MHz

(動画では1分50秒〜)
南條愛乃をゲストヴォーカルに迎えた異国情緒を感じる爽やかなポップスで、歌詞もこれは・・・何語だろ?スペイン語?が盛り込まれている。難しいメロディーラインを歌いこなしている南條さんのヴォーカリストとしての能力の高さに脱帽。

14位 Summer Elaine And Drunk Dori/Weezer

Weezerの最新作より。シングルカットされてもおかしくないほどのキャッチーなメロディーが印象的なロックナンバーで一度曲中で転調する展開が凄く良い!

16位 ストラト/ NICO Toucehs The Walls

ネオアコっぽいサウンドにトランペットを導入したちょっとした冒険作。
良い曲だけどアルバムは新曲少なかったんだし、これアルバムに入れても良かったんじゃ・・・

17位 BROTHER / OKAMOTO'S

youtubeで絶賛宣伝中のドラマ「火花」の主題歌。やたらかかってるので「ライライラララーイライ♪」のフレーズが耳に残って消えなくて気になってPV見たら凄く良かった。

18位 Parks And Recreation/Emma Pollock

この中では抜群に知名度が低いと思う・・・
この人もひっさびさの新譜で確か6年ぶり。国内盤出ないかなぁって待ってるんですけど出る様子無いっすねぇ・・・。

19位 Dark Necessities/ Red Hot Chili Peppers

PVがダサかったので音源オンリーので。
プロデューサーが変わったこともあり、新しいレッチリを提示した形になった新作。その中でもメロディアスなこの曲が一番好き。

20位 君はメロディー / AKB48

とびきりキャッチーってわけじゃないけど良質なメロディーが聴ける。
久々にAKBで好きな曲。
posted by Shouta at 16:45| Comment(0) | 年度別音楽総括 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする