2016年06月20日

2015年上半期ランキング 楽曲編 part2


続きを
動画が無いのはAmazonのリンク付きで

1位 Hymm For The Weekend / Coldplay

最新作からのシングルカット。ビヨンセを迎えているがほぼコーラス状態という・・・なぜに?
あまりコールドプレイっぽくないR&B的な要素の強いナンバーですけど、シンガロングできるキャッチーなフレーズを描かせたら最強だなぁということを改めて認識した次第です。
そりゃバンド勢皆無のUKシングルチャートでも上位にランクインしますわ。


2位 エーキューライセンス / NICO Touches The Walls

声の調子も絶好調じゃないし、正直このライブ音源はどうかと思うんだけど・・・
このバンドでここまでキャッチーで真っ直ぐなラブソングって無かった気がする。なによりメロディーがキャッチーで今までの作品より より歌モノへシフトしている感じがイイ。
ここまでキャッチーなのは賛否両論あるだろうけどここに来て一皮むけた感ある。

3位 California Kids / Weezer

Weezerのリヴァースのサブプロジェクト・スコット&リヴァースの「カルフォルニア」のセルフカバー。スコット&リヴァースはJ-POPバンドなので非常にキャッチーなメロが耳に残るナンバー。
PVが今作収録曲のPVと関連しているのもポイント。

4位 short hair EGOIST / Q-MHz

(曲は1:18あたりから)
製作者グループ「Q-MHz」の1曲。この曲では小松未可子を迎えている。
「Q-MHz」にはUNISON SQUARE GARDENの田淵が参加しており、おそらく彼主導のアップテンポナンバー。だってUNISON SQUARE GARDEN数曲しか聞いてない自分でも分かるくらい特徴でてるんだもん(笑)
小松未可子のヴォーカルの良いところ+新たな一面を引き出すような曲展開が素晴らしい。


5位 ゴースト / Galileo Galilei
Sea and The Darkness - Galileo Galilei
Sea and The Darkness - Galileo Galilei
ラストアルバム「Sea and The Darkness」から。ベスト盤「車輪の軸」にも選曲された。
ペットを失ったどうしようもない喪失感を描いた詞でフワフワした音像が歌詞の世界観にマッチしていて凄く良い。このアルバムで一番好きな曲だ。



6位 ツッパリくんvs関取マン

てーきゅう8期(!?)OP。無事に今作でてーきゅうは完結(?)
最後ということもあり、OPはメインの4名が歌唱を担当している。歌詞はツッパリくんが強そうな関取マンに喧嘩をうっかり売ってしまうが自分の信念のために立ち向かっていくという・・・例によってテニス無関係の内容。相変わらずキレッキレのメロディと歌詞、サイコウっすね。


7位 ブラックベリー・ジャム / NONA REEVES

マイケル研究家としての活動で最近忙しい西寺郷太のバンド。他のメンバーもしょっちゅういろんな作品に演奏で参加しているのを見る。バンド本体はそこまで知名度は無いかもしれないけどポップス好きなら何処かしらで演奏やプロデュースで彼らに触れてると思う。
曲の方はシティポップの要素強めのゆったりとしてミディアムチューンで80〜90年代を彷彿とさせるサウンドが魅力的だ。

8位 Magnificent Time / Travis

今年20周年のTravis。
ヴォーカルのフランが監督したPVでまさか楽器を放り出してメンバー全員で踊り出すとは・・・(笑)
楽曲も今までにないくらい突き抜けたポップスで爽やか。

9位 ベッド / Galileo Galilei
Sea and The Darkness - Galileo Galilei
Sea and The Darkness - Galileo Galilei
「SEE MORE GLASS」から引き続きゲストヴォーカルにAimerが参加している。
「Sea and The Darkness」はインディーポップ風味のフワフワした音&下支えするバンドサウンドみたいな感じなのが統一されてて今作もそういった作風。
Aimerのヴォーカルと尾崎兄の作る楽曲は親和性高いなぁと再認識した次第。


10位 車輪の軸 / Galileo Galilei
車輪の軸 - Galileo Galilei
車輪の軸 - Galileo Galilei
ベスト「車輪の軸」収録の新曲。
おそらくGalileo Galilei最後の楽曲になると思う。インタビューでも言ってたけどバンド終了を決して後ろ向きではなく前向きに捕えているのが特徴的で「キスしてさよならだ」というサビの歌詞にも前向きさが現れている。





posted by Shouta at 19:44| Comment(0) | 年度別音楽総括 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月18日

2015年上半期ランキング 楽曲編 part1


ちょっと気が早いですけど上半期で個人的に良かった曲をまとめてみました。
例によって邦楽洋楽ごっちゃです。

11位 帰り道 / anderlust

全盛期マイラバの再現みたいな曲でコバタケのプロデュースもキレッキレだったけど実は小林武史の娘だったというオチ・・・
そりゃ娘のデビューソングなら力入りますよねぇ。

12位 夕立方程式/老倉育(井上麻里奈)

人気アニメ「物語シリーズ」の最新作「終物語」のOP(DVD,Blu-rayのみ)。
megrock×ミトの安定のコンビによる楽曲。バックで鳴り響く歌謡曲みたいなギターのフレーズとベースラインが凄く好きな1曲。

13位 Burn The Witch/Radiohead

ストリングスを大胆にフューチャーした久々の新曲。
なんかコールドプレイっぽいけど・・・久々にメロディーが強く残るキャッチーな曲だったので好き。

14位 La fiesta? fiesta!/Q-MHz

(動画では1分50秒〜)
南條愛乃をゲストヴォーカルに迎えた異国情緒を感じる爽やかなポップスで、歌詞もこれは・・・何語だろ?スペイン語?が盛り込まれている。難しいメロディーラインを歌いこなしている南條さんのヴォーカリストとしての能力の高さに脱帽。

14位 Summer Elaine And Drunk Dori/Weezer

Weezerの最新作より。シングルカットされてもおかしくないほどのキャッチーなメロディーが印象的なロックナンバーで一度曲中で転調する展開が凄く良い!

16位 ストラト/ NICO Toucehs The Walls

ネオアコっぽいサウンドにトランペットを導入したちょっとした冒険作。
良い曲だけどアルバムは新曲少なかったんだし、これアルバムに入れても良かったんじゃ・・・

17位 BROTHER / OKAMOTO'S

youtubeで絶賛宣伝中のドラマ「火花」の主題歌。やたらかかってるので「ライライラララーイライ♪」のフレーズが耳に残って消えなくて気になってPV見たら凄く良かった。

18位 Parks And Recreation/Emma Pollock

この中では抜群に知名度が低いと思う・・・
この人もひっさびさの新譜で確か6年ぶり。国内盤出ないかなぁって待ってるんですけど出る様子無いっすねぇ・・・。

19位 Dark Necessities/ Red Hot Chili Peppers

PVがダサかったので音源オンリーので。
プロデューサーが変わったこともあり、新しいレッチリを提示した形になった新作。その中でもメロディアスなこの曲が一番好き。

20位 君はメロディー / AKB48

とびきりキャッチーってわけじゃないけど良質なメロディーが聴ける。
久々にAKBで好きな曲。
posted by Shouta at 16:45| Comment(0) | 年度別音楽総括 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月24日

2015年度 (超個人的)音楽ランキング part4



1.REFLECTION{Naked}/ Mr.Children
REFLECTION{Drip}初回盤 - Mr.Children
REFLECTION{Drip}初回盤 - Mr.Children
ミスチルによる超大作。
コバタケとの決別を経て(参加してる曲もあるけど)
何作ぶりにかロックバンド・Mr.Childrenが存在感を発揮している。
普通アルバムには1曲しか入らないリード曲が何曲もあり、出し惜しみ無しに今のミスチルを全て出し切った作品だ。
もう、これに文句はつけようが無い。


2.Chasing Yesterday / Noel Gallagher's High Flying Birds
チェイシング・イエスタデイ(初回生産限定盤) - ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズ
チェイシング・イエスタデイ(初回生産限定盤) - ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズ
ノエル兄貴2ndアルバム。
前作では意図的に控えていたギターサウンドも復活しており、それでいて新機軸になるような楽曲も。
Oasisと完全に決別したようなソロアルバムで ノエルギャラガーとしての能力の高さを見せつけられた印象。
ここまでやっちゃったらリアムも立つ瀬ないよ・・・。


3.Blue Avenue / 花澤香菜
Blue Avenue - 花澤香菜
Blue Avenue - 花澤香菜
ジャス、AOR、フュージョンなどを取り入れた作品。
花澤さんの可愛らしいヴォーカルの載った楽曲を腕利きのミュージシャンによってオシャレなサウンドで仕上げており、非常に完成度が高い。
声優の作品として偏見の目で見るのは勿体ない。


4.American Beauty/American Psycho / Fall Out Boy
American Beauty/americ - Fall Out Boy
American Beauty/americ - Fall Out Boy
前作と比較してバンドサウンドが復活。サンプリング、電子音を上手い具合に昇華して音の厚みも増していて非常に聞きごたえがある。
リードトラックの突き抜け具合も心地よい。エモ全盛から生き残っているだけ合ってさすがの完成度だ。



5.シアワセのクツ / nano.RIPE
シアワセのクツ(初回限定盤)(Blu-ray Disc付) - nano.RIPE
シアワセのクツ(初回限定盤)(Blu-ray Disc付) - nano.RIPE
nano.RIPE シングルコレクション。
アニメタイアップばかりだけど思っていた以上にロックバンド然とした楽曲が並んでいる。
それでいてメロは非常にキャッチーなので聞きやすい。
アニメタイアップばかりでロックバンドとしてはあまり見られない気がするけど、
そういった認識だとちょっと勿体ないと思うバンドだ。


6.メロディック・スーパー・ハード・キュア/メロキュア
メロディック・スーパー・ハード・キュア - メロキュア
メロディック・スーパー・ハード・キュア - メロキュア
2004年「メロディック・ハード・キュア」の豪華版とも言える作品。
DISC.1が本編のリマスター、DISC.2がNEWアレンジに新曲などを含んだ内容になっている。
新作では無いのでそこまで目新しさは無いものの彼女たちが作っていた楽曲の素晴らしさに浸ることが出来る。


7.10th Anniversary Best RED,BLUE / Aqua Timez
10th Anniversary Best RED(初回生産限定盤)(DVD付) - Aqua Timez
10th Anniversary Best RED(初回生産限定盤)(DVD付) - Aqua Timez
10th Anniversary Best BLUE(初回生産限定盤)(DVD付) - Aqua Timez
10th Anniversary Best BLUE(初回生産限定盤)(DVD付) - Aqua Timez
Aqua Timez10周年ベスト。
まさに初心者にうってつけのベスト。全盛期からここ最近のAqua Timezまで一気に聞ける。
楽曲としては確実に進化しているので全盛期しか知らないって人はぜひコレを聞いてほしいと思う。
そこまで楽曲数が多いわけでは無いし。


8.A Head Full Of Dreams / Coldplay

ア・ヘッド・フル・オブ・ドリームズ - コールドプレイ
ア・ヘッド・フル・オブ・ドリームズ - コールドプレイ
エレクトロR&Bなアルバム。前作が圧倒的な完成度だったのであれに比べると少々見劣りするけど
これはこれで新鮮でなかなか良い。
ぶっちゃけColdplayらしくない曲が並んでいるが「Adventure Of A Lifetime」なんかはノリの良いダンスチューンで良い感じだ。


9.Made In The A.M /One Direction
メイド・イン・ザ・A.M.(デラックス盤初回仕様) - ワン・ダイレクション
メイド・イン・ザ・A.M.(デラックス盤初回仕様) - ワン・ダイレクション
アップテンポが少なく全編ほぼミディアムチューンという異色の構成。
個々のメンバーの歌唱力もかなり高くなっており、ただのアイドルポップスではない きちんと聞かせる曲に仕上がっているのが良い。



10.Outside of Melancholy /fhana
Outside of Melancholy(初回限定盤)(Blu-ray Disc付) - fhana
Outside of Melancholy(初回限定盤)(Blu-ray Disc付) - fhana
バンドというか楽曲制作集団みたいな感じ。
まんまアニソンの曲もあれば、渋谷系ポップスやシューゲイザーテイストな楽曲、ギターロック的な楽曲とジャンルに捕らわれない幅広さが良い。
特に「星屑のインターリュード」が素晴らしい。






posted by Shouta at 15:52| Comment(0) | 年度別音楽総括 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする