2015年10月13日

洋楽初心者向けのアーティスト part3



One Direction
20131106064509one-direction-5.jpg
大人気のアイドルグループ。
4作連続300万枚を売り上げる大ヒットを記録(うち2枚は500万枚)しており、日本でも人気が高く4thアルバムはオリコンチャート1位を記録している。
ルックスの良さはさることながら安定した歌唱力もあり、人気が高いのも頷ける。

※おススメアルバムは3rd「Midnight Memories」

ポップに突き抜けた楽曲が多いが、それ以外にカッコイイ楽曲もあるので今回はそういった曲を選んでみた。
★おススメ楽曲

Story of My Life


Midnight Memories


Drag Me Down






My Chemical Romance
my_chemical_romance.jpg
アメリカのエモ系ロックバンド。FOB、Panic! at the Discoと同じく00年代のエモブームの火付け役の一人。
3rd「The Black Parade」は世界中でヒット、日本でもヒットし、Mステやサマソニなどに出演した。
特に車のCMタイアップが付いた「Welcome To The Black Parade」は日本での知名度が高く、ニコニコ動画に投稿されるMADなどに使用されることも多い。

※おススメアルバムはベスト「May Death Never Stop You: The Greatest Hits 2001-2013 」

★おススメ楽曲

Welcome to the Black Parade


Helena


SING



Green Day
green-day-american-idiot.jpg
3人組のパンクロックバンド。
パンクロックとして史上初のグラミー賞の最高賞「最優秀レコード賞」を獲得しており、商業的にも大きな成功を収めている。
初期のパンクロックも最近のメッセージ性を持ったパンクオペラ路線もキャッチーなメロが特徴的で凄く聞きやすい。Greendayから洋楽に入ったという人も多いと思う。
※おススメアルバムは5th「Nimrod」

★おススメ楽曲
Basket Case


Boulevard Of Broken Dreams


Minority




posted by Shouta at 13:49| Comment(0) | 企画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月12日

洋楽初心者向けのアーティスト part2







Coldplay

Coldplay.jpg
イギリスのロックバンド。4作連続アルバム売り上げが1000枚越えという記録も持っており、2000年代のロックバンドの中でも最も成功したものの一つと数えられる。
内省的なギターロックからストリングスを交えたド派手なアレンジと音楽性も変わっているが、一貫しているのが美メロ。ファルセットを多用したヴォーカルがよりメロディの良さを際立たせており、しっとりとしたメロディに浸ることが出来る。

※おススメアルバムは派手なのが好きな方5th「Mylo Xyloto」
しっとりとしたのが好きな方は1st「Parachutes」


★おススメ楽曲

Every Teardrop Is a Waterfall (映画宇宙兄弟 主題歌)


Yellow


A Sky Full Of Stars





Michael Jackson
i320.png
ご存知、キングオブポップ。
マスコミの偏った報道により、整形や裁判についていわれのない批判にさらされてきた彼だが(それが今でも信じられている感じすらある)
キングオブポップと言われるだけあって、楽曲の完成度は非常に高く、メロディーのキャッチーさも天下一品。エンターテイナーとしても素晴らしいのでライブ映像やMVも一緒に見てもらうとさらに良さが分かると思う。
彼のアルバム「スリラー」は日本で初のミリオンを記録した洋楽アルバムでもある。
※おススメアルバムはべスト「KING OF POP- Japan Edition-」

★おススメ楽曲


Black Or White


Love Never Felt So Good


Heal The World



Foo Fighters

Foo%20Fighters%20officail.jpg
Nirvanaのドラマーだったデイヴグロールを中心に結成されたロックバンド。
ストレートなハードロックでとても聞きやすく、メロもキャッチーでまさに王道のロック!という感じだ。長いキャリアのバンドだが音楽的な変化はそこまで感じない。音楽性の変化が無いというのはマンネリと紙一重だが、彼らからはマンネリは感じず、一貫して誰が聞いてもカッコいいと思えるようなロックチューンを作っており、どのアルバムから聞いてもスンナリ彼らの世界観に入り込めるのが良い。
またギターヴォーカルのデイヴは異常者が多いロック界の中の良心と言われるほどの良い人。その人柄の良さもバンドに人気の要因の一つだ。

※おススメアルバムはベスト「Greatest Hits」

★おススメ楽曲

Everlong


Walk


My Hero




Avril Lavigne
img_0.jpg
アメリカのシンガーソングライター。
日本ウケがよく1stアルバムはWミリオン認定、2nd、3rdアルバムはミリオン認定を受けており、日本での人気が非常に高い。というか最近だと本国より日本の方がアルバムが売れてたりする。(当の彼女は日本がそんなに好きじゃないとかなんとか)
その売り上げが裏付けるようにとびきりキャッチーなポップスやロックが多く、非常に聞きやすい。

※おススメアルバムは1st「Let Go」

★おススメ楽曲

Girlfriend


Complicated


Rock N Roll




posted by Shouta at 22:53| Comment(0) | 企画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月11日

洋楽初心者向けのアーティスト part1

これから洋楽を聴き始めたい人の入門として、聴きやすい曲を紹介していこうと思います。
僕自身が洋楽初心者なので「邦楽しか聞いて無くてもスンナリ聞けるキャッチーな曲」を中心に紹介していきます。
1アーティストごと3曲、タイプが被らないような選曲をしてきます。

では行ってみましょ〜!




Oasis

e6d584bbc47b6b3660e44ad654cbfc5f.jpg
マンチェスターのDQN、ギャラガー兄弟を要するイギリスの国民的ロックバンド。
全世界でのCDトータルセールスは7000万枚を超える。メンバーが労働階級出身で、そこから成り上がって成功を収めたことによりワーキングクラスのロックスターとしてイギリスで絶大の人気を誇っている。

ギャガラー兄弟は兄弟揃って口が悪いことは有名で、素行の悪さからも話題になることが多いが ノエルギャラガーのソングライティング能力は素晴らしく、日本人にも好まれる美メロの楽曲が多い。
日本でも高い人気があり、CMソングや映画主題歌に数多くの楽曲が使用されている。2枚のアルバムが日本のチャートで1位を記録した。
※おススメアルバムは2nd「〈What's the Story〉Morning Glory?」

★おススメ楽曲

Whatever (アサヒビールCMソング等)


Don't Look Back In Anger (映画BECK 主題歌)


The Shock Of The Lightning (映画K-20怪人二十面相伝 主題歌)





Linkin Park
linkin-park-billboard-650.jpg
アメリカのオルタナティヴ・ロックバンド。ニューメタルやヒップホップ、エレクトロニクスといった多くのジャンルを取り入れて独自の音楽センスを確立している。
初期こそラップにシャウトといった激しい音楽性だったものの、徐々にメロ重視の路線に移行してきており、激しいのが苦手!という人もスンナリ聞けると思う。
日本でも高い人気があり、去年(2014年)のオリコンチャートで洋楽のロックバンドの中では彼らの最新作が最も高い売り上げを記録している。
※おススメアルバムは2nd「Meteora」


★おススメ楽曲
New Divide  (映画トランスフォーマーリベンジ 主題歌)


Numb (最大のヒット曲)


Faint







Red Hot Chili Peppers

1158009-REdHotChiliPeppers2011-617.jpg
アメリカのロックバンド。日本では「レッチリ」の愛称で親しまれている。
リズム隊、ギタリストが演奏力はとにかく群を抜いており、それにヴォーカル・アンソニーのライブパフォーマンスが加わり、世界最高のライブバンドとも言われることも。
ファンキーな楽曲から聞かせるバラードまで楽曲は多彩。
日本では映画「デスノート」の主題歌となった2曲が特に有名で2曲が収録されたアルバムは日本のチャートで1位を記録している。
※おススメアルバムは8th「By the Way」

★おススメ楽曲
Dani California (映画デスノート主題歌)


By The Way


Scar Tissue




Avicii
Avicii_2014_001.png
スウェーデン出身のアーティスト。
EDMブームを牽引する一人である。EDMと聞くとバッキバキの電子音全開みたいなイメージがあるが、彼が手掛ける楽曲からはそういったものは感じない。盛り上がればOK的な感じでは無く、きちんとメロディーを聞かせるタイプの楽曲が多い。
またソウルシンガーをゲストとして迎えた「Wake Me Up」はカントリーEDMと言われており、EDMの枠組みに捕らわれないアプローチが為されており、他のEDM楽曲とは一線を画す。
※おススメアルバムは1st「True」

★おススメ楽曲
Wake Me Up


The Nights


Waiting For Love





posted by Shouta at 16:56| Comment(0) | 企画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする