2018年07月20日

Alcest「Souvenirs d'un Autre Monde」レビュー

Souvenirs D'un Autre Monde - Alcest
Souvenirs D'un Autre Monde - Alcest

2007年8月8日発売


曲目
1.Printemps Emeraude
2.Souvenirs D'Un Autre Monde
3.Les Iris
4.Ciel Errant
5.Sur L'Autre Rive Je T'Attendrai
6.Tir Nan Og




レビュー
・Alcest 1stアルバム。
AlcestはNeigeによるソロプロジェクトとして発足したフランスのバンドでブラックメタル、シューゲイザー、ポストロックといった音楽の要素を組み合わせたブラックゲイズというスタイルの音楽を表現している。

ブラックメタル??というとだいぶ身構えてしまう(凄い激しそうで)けど、
Alcestに関してはブラックメタルっぽくはそこまで無くて(言葉的にはホワイトって言いたいくらい音が明るい)、また轟音はマイブラとかみたいなシューゲイザーの要素の方が強い。
音も民族音楽っぽい部分もあったりして幻想的なサウンドメイクが特徴的。
歌メロも綺麗で目を閉じて聞くと綺麗な風景が頭の中に広がるようだ。好みドンピシャ。

この曲なんて光の雨が降ってくるかのような美しさ、抒情的な音でしょ。
シューゲイザー系は色々つまみ食いしたけど、いまのとここのアルバムが一番好き。





評価
90点

Souvenirs D'Un Autre Monde






ラベル:CDアルバム Alcest
posted by Shouta at 20:00| Comment(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月17日

Aqua Timez「Present is a Present tour 2018」仙台公演 2018/7/16







Aqua Timezの最後のツアー Present is a Present tourに参加してきました。
これまで10年間、10数回彼らのライブに参加してきましたが、それもこれがラスト(いちおうラストライブのチケットも取ったけど行けるかは日程的にまた別問題なので)。




ツアー中なのでネタバレ注意で





1.たかが100年の
2.オーロラの降る夜
3.ALONES

4.Fly Fish
5.+1
6.日曜讃歌
7.未来少女

8.タイムマシン
9.生きて
10.STAY GOLD

11.エデン

12.愛へ
13.虹
14.シンガロング
15.ミックス茶

16.last dance

アンコール
17.決意の朝に
18.手紙返信
19.over and over




・最後のツアーということもあってか普段とは違った感じ。
まずMCが長い。普段は太志しかほぼ喋んないけど、今回は全メンバーしっかり喋る機会があった。メンバー紹介をリーダーであるOKPがしてたのも印象的。
喋る内容はいつも通りな感じ(TASSHIがプロレスラーに間違われたとか大介の雨男話とか)だけど、”最後”というのが念頭に置かれて喋ってるので何とも寂しかった。
・あといつもは太志が雑にOKPとかTASSHIを弄ったりするんだけど、そういうのがほとんどない。気を使ってるのか何なのかはちょっとわからないけど・・・。
その太志がライブ中、一番楽しそうであり、かつ悲しそうでもあった。
一番解散について素の感情を話してたのは太志だったし、一番長い間喋ってたのも太志。でもいつもみたいに前向きな言葉は無かった。
ステージ上で楽しそうに盛り上がってる姿は嘘偽りないものだとは思うけど、最後だから悔いのないように楽しんでる、といった感じ。
そしてMCの時の感じの差がね、見てて辛かった。

・来年のことはホントなにも決まってないけどと前置きしたうえで太志が「大きなものをずっと追いかけてきたからこれからは小さなものを少しずつ集めていく」的なニュアンスのことを言ってた。どういうことなんだろうなぁ・・・。



・セトリは「二重螺旋のまさゆめ」をメインに色んなところから選曲。改めて新曲群はライブ映えするなぁと思う。これで解散してもう披露する機会が無いのがもったいなさ過ぎる。
驚いたのが「等身大のラブソング」が無いこと。あれ、ほぼ皆勤だったのに。

・会場ごとに日替わりで変わってるらしいのが11曲目。仙台公演では「エデン」をフルコーラス。「リハでちょっとやっただけだから歌詞間違ったら歌ってね」って言ってたけど間違えてなかったよ。

・最後のツアーということで個人的には最初のほうは大丈夫だったけど、終盤あたりのMCから涙がヤバかった。「last dance」は泣いてた。
「決意の朝に」もいろんな思い出がこみあげてきて…でもちゃんと見なきゃと思ってしっかり目に焼き付けるように見た。
10年間ライブで聞き続けた曲だけど、この日の「決意の朝に」は生涯忘れないと思う。





posted by Shouta at 21:53| Comment(0) | ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月23日

2018年度 (超個人的)音楽ランキング 楽曲編 上半期


ご無沙汰!
最近更新が滞ってますが、(サークルの方も…)恒例のこれはやります。



去年の記事は1位からだったので今回は15位からにしましょうか。
ランキングといっても上半期だけですし、かなり流動的なんですけどね。


15位 明日への扉 / 山田結衣(高橋未奈美)&加瀬友香(佐倉綾音)

アニメ映画「あさがおと加瀬さん」主題歌。曲名聞いてぴんと来た人、その通りです。2003年リリースのI Wishの「明日への扉」のカバーです。最初はどうかと思ったんですけどねぇ・・・映画見終わってエンドロールにこの曲にかかった時、すごーく良いなって思っちゃいました。
(佐倉さん、歌微妙やなぁ〜とか思ったのは内緒笑)
作品とのマッチ度の高さというのもあるんですけど、等身大な歌詞が凄く良い。このカバーが、というよりかは曲の良さの再認識という意味合いが強いですけど、この順位で。


14位  The Other side / The Greatest Showman Soundtrack

みなさん、「グレイテストショーマン」見ましたか? ストーリーがアレなんて評判がありますが、この映画においてストーリーなんて添え物(おいっ)。ひたすら高まっていく高揚感を音楽と映像と共に楽しめばいいんです。
世界的に大ヒットした映画のサントラがわが日本国でもオリコン1位、イギリスでは20週1位(現在進行形で記録更新中)でバカ売れしてるんですけど、なんでそんなに売れてるのか聞けばわかります。
分かりやすいメッセージ性とドキャッチーなメロディー、親しみやすくてカッコいいサウンドメイク、アンセム的な要素満載なんですよね。
そんな中でこの曲を選んだ理由、ヒュージャックマンとザックエフロンがめっちゃカッコいいからです(笑)


13位 大丈夫 / 花澤香菜

レーベル移籍で楽曲の雰囲気が変わってしまうのではないかという不安が付いてまとうここ最近。
水野良樹の曲はいきものがかり過ぎて全然聞いてないんですけど(苦笑)、槇原敬之提供のこの曲はなかなか好きです。
カントリーチックな過剰過ぎないサウンドもMVに可愛すぎるダンスもポイント高いです。
で、この新曲発売いつだっけ???(1か月後…まだまだやん)


12位 Revival / スキマスイッチ

新作「新空間アルゴリズム」から。安定のスキマスイッチソング。前作の「僕と傘と日曜日」の時も思ったけど、こういう失恋系の曲の歌詞がキレッキレで真骨頂!って感じがいつもします。
調べてて知ったけどおっさんずラブってドラマの主題歌になってたんだ…知らなかった。


11位 Over and Over and Over / Jack White

ロック不振の時代に新作も当たり前のように1位を取っちゃう僕らのギターヒーロー、ジャックホワイト。
新作はヒップホップとかそっち方面の要素もふんだんに入っててストレートなギターロックではなかったんだけど、
ホワイトストライプス時代から作っていてようやく日の目を見たこの曲はホワイトストライプス色がそのまんま。ちゃんとソロの雰囲気にアップデートもされていて
かっちょいいリフが繰り返されるだけの曲だけど、なんでここまでカッコいいのか…。ホント来日してほしい…。



10位 Africa / Weezer

ファンの「TotoのAfricaをカバーして欲しい」という要望に答えたカバー。
Totoの「Africa」といえば大ヒット&大名曲でそれこそ知らない人はいないんじゃないか?ってレベルの曲なんですけど、
それを変な味付けをしないで真正面からそのままカバー(笑)
その結果、スゴイエモいAfricaのカバーが出来上がりました。サビのエモさ半端なくない???久々のヒットになったのもうなづける出来。
この調子で新作も期待してます!!!!!!!




9位 未来少女 / Aqua Timez

「えんとつ町のプペル」のイラストレーターの方が手掛けた綺麗な映像と共に。
解散が凄く悲しくて1週間くらいテンション低かったんですけど、この曲はやっぱりすごくいい。Aqua Timez節満載なんですよ。
「楽しくもないことで笑い  泣けるほど悲しくもない
だけど 独りぼっちはいやだ 僕はずるいやつだろう
大勢ではしゃぐだけがいい 心を近づけたりはしない」
って歌詞、すごく太志っぽくて あぁやっぱりAqua Timezが好きだなぁって思った矢先の解散ですからね。辛い。
「last dance」も良い曲だけど、ああいう感じに過去を否定する歌詞は悲しくて認めたくない気持ちもちょっとあります。。



8位 君の瞳に恋してない / UNISON SQUARE GARDEN

ユニゾンをちゃんと聞くのは実は「MODE MOOD MODE」が初めて。
もう言うことは無いですよね。ホーンセクションが導入されて過剰なくらいにポップな味付けがされたドキャッチーな曲で
これ以上にポップな曲っていうのもなかなか作れないんじゃない?っていうくらいポップ。まさにキャリアハイな感じでホント今の勢いでしか作れなさそうな奇跡的な曲。(それでもこれより凄いの作れそうと思わせちゃうのも凄い)
でありつつも3ピースバンドらしくロックバンドとしてもサウンドがしっかりしててカッコいいのがポイント凄く高い。


7位 あなたはサキュレント / やなぎなぎ

新作「ナッテ」から。
やっぱりやなぎなぎはエレクトロニクスだよなぁ・・・と。1stアルバム「エウアル」が好きなので新作でエレクトロニクス要素が増したので嬉しい限り。サウンドも渋谷系とかそっち系統のいい意味で軽くてオシャレな雰囲気で凄く良い。キュートで可愛らしいメロディーなんだけど、歌詞はちょっと落ち込んでる感じがあって物語性も抽象性もあって 彼女らしさ満載。
アルバムでの特に印象的な1曲です。


6位 Crosswalk / 鈴木みのり

アニメ「あまんちゅ〜あどばんす〜」のOP。
はい、私が大好きな北川勝利さん提供です。なんと詞は坂本真綾さん。なんだこのアニメ、最高のアーティストしか集まらないのか???
「あまんちゅ」と同じ作者で北川さんが曲も提供してたアニメ「ARIA」の曲にも近いゆったりとしたミディアムチューンです。
この声優さんは名前しか知らなかったですけど、良い歌声してますね。曲のタイプと声質も凄くマッチしてて北川さんプロデュースでアルバム出してほしいわ(割とマジで)。
あと北川さんの曲は個人的にはアップテンポよりバラード派なのでこういうタイプの曲が良さ味があふれだして止まらないっすね。落ちサビからのラストサビが最高にエモい。


5位 ストロベリーアイスクリーム / 十倉栄依子 starring 嶺内ともみ

2連続北川勝利!!!
「スロウスタート」というアニメのキャラソンなんですけど、このキャラソンアルバムをプロデュースしてるんですよね北川さん。
まさに彼のファンからしたらマストアイテム。北川節満載で凄く良かったです。その中でもこの曲が僕は好きです。
渋谷系ど真ん中のオシャレなサウンドで、僕のだーーーーい好きなROUND TABLE feat.Nino(北川さんのグループ)の「Beautiful」を思い出しました。
あ、実はこのアニメ見てないんです…ごめんなさい


4位 WANTED GIRL / TrySail

激推しの3人組声優グループ、TrySailの新曲です。
デジロックっぽい雰囲気もありつつ、駆け抜けていくようなアップテンポさが癖になります。
あと去年の2ndアルバム辺りで3人の個性が確立したんじゃないかなって思ってて。その個性が歌割にもダイレクトに反映されてて歌の魅せ方も凄く変わってきて良くなってきてると思います。たぶん今がキャリアハイ。今聞かないと損する。



3位 Finesse (Remix) Feat. Cardi B / Bruno Mars

世界最高のエンターテイナー、Bruno Marsが今年リリースした「Finesse」の新Ver.。
今一番勢いのある女性ラッパーCardi Bを迎えて・・・とは言ってもCardi Bのパートが作られてミックスがちょっと変わったくらいなのでそんなに原曲とは違いはないんですけどね。
マイケルジャクソンの「DANGEROUS」に代表されるニュージャックスウィングを現代のサウンドに蘇らせたような曲で、凄くノリが良くてアルバムの中でも好きな曲。
90年代前半のコメディ番組「In Living Color」へのオマージュのMVらしいけど元ネタが分からん・・・それでも曲や衣装から感じらせる90'sリスペクトな雰囲気は最高でしょ。


2位 Happy taleはランチの後で / 小松未可子

Q-MHzとみかこしのコラボが最強であることが証明されたのはご存知でしょうけど
会場限定シングルのこの曲も最高。Q-MHzにはユニゾンでメインライターの田淵も参加してるんですけど、おそらく彼がメインで作った曲。
前述の通りユニゾンの曲のめちゃくちゃポップなところと可愛さもありつつが芯がしっかりしたみかこしのヴォーカルが凄くマッチしてる。
歌詞もみかこし(もとい1人の女性)の等身大さを表現してて、地に足が付いてる感が凄く良い。全然アニソンっぽくないもん。
あとこの曲はスカっぽい味付けになってるんですけど、それもアクセントとして良いんですよねぇ。。。もはや良いしか言ってねぇ・・・。
良いから聞いてくれの一言。
会場限定シングルなら聞けないじゃないか!って? 安心してくれ7月にリリースされる新作アルバムに収録されるから!!!




1位 Done For Me feat. Kehlani / Charlie Puth

「ワイルド・スピード SKY MISSION」の主題歌「See you Again」の大ヒットで知られるCharlie Puthの曲。
正直彼に関してはほとんどマークしてなかったです。
ただ新作のモードが違うなっていうのは新曲から感じていて、それが確信になったのが3曲目のシングルになった「Done For Me」。
3位にしたBruno Marsの曲の収録アルバム「24K Magic」は80~90sのブラックミュージックの要素をふんだんに感じさせるファンク+R&Bアルバムだったんだけど、Charlie Puthのこの曲もその雰囲気に似ている。

この曲なんかはジャケ写がまんまWham!なんだけど、曲もかなーーりWham!っぽい。
色気たっぷりのヴォーカルとファンキーでブリブリ言ってるベースラインも大好物。Wham!の活躍した80sっぽくもあるんだけど、決して懐古的な印象を与えない曲のアップデート具合も素晴らしい。80sフレーバーは感じるけど完全に現代の音だもん。オドロキなのは自分で曲書いてプロデュースしてサウンドまで自分でやってること。
こういうアーティストが同年代にいるのも誇らしい。
ポップでファンクが好きな人はぜひ! 


一気に書いたので誤字脱字まみれかもしれませんが、とりあえずこんな感じです。
アルバムも近いうちにしたいと思います。


posted by Shouta at 21:10| Comment(0) | 年度別音楽総括 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする