2017年05月04日

花澤香菜 ALLシングルレビュー part1

ソロデビュー5周年おめでとう!

花澤香菜
元々子役として活動していたが、2003年『LAST EXILE』のホリー・マドセイン役として声優デビュー。
2006年アニメ「ゼーガペイン」にヒロインのカミナギ・リョーコ役でレギュラー出演したことをきっかけに本格的に声優業を志すようになった。代表作は「カミナギ・リョーコ」(ゼーガペイン)、「千石撫子」(化物語、傷物語など)、「椎名まゆり」(STEINS;GATE)などがある。
2012年 4月25日にシングル「星空☆ディスティネーション」で歌手デビューを果たした。
アニメ「ロウきゅーぶ!」の主要声優で結成されたグループ「RO-KYU-BU!」の一員としても活動している。


代表曲/恋愛サーキュレーション(千石撫子)

※今回は花澤香菜本人名義以外での活動(キャラソン)なども触れていきます。

RO-KYU-BU!
1st Single SHOOT!
2011年8月17日発売
SHOOT!(初回限定盤)(DVD付) - RO-KYU-BU!
SHOOT!(初回限定盤)(DVD付) - RO-KYU-BU!
テレビアニメ『ロウきゅーぶ!』主題歌。このアニメに出演する花澤香菜、井口裕香、日笠陽子、日高里菜、小倉唯の5人による声優ユニットによるデビュー曲でもある。
作詞KOTOKO、作曲・編曲八木沼悟志なのでじゃっかんfripSideっぽい感じもあるアニソン。

残念ながらこのアニメは見てないので何とも言えない・・・んだけどアイドルユニットみたいにちゃんと踊ってるのが特徴的。MVも物語調に仕上がっていてちゃんと作ってるなぁ〜と(制服姿がコスプレとかは言っちゃいけない)
確かこのユニットでライブもやってるはずだけど声優だけじゃなくてダンスもしなくちゃいけないっというのがもう普通なんだなぁとヒシヒシ感じた次第です。
★★★☆☆



1st single 星空☆ディスティネーション
2012年4月25日発売
星空☆ディスティネーション(初回生産限定盤) - 花澤香菜
星空☆ディスティネーション(初回生産限定盤) - 花澤香菜
花澤香菜、アーティストデビュー作品。サウンドプロデュースをROUND TABLEの北川勝利が手掛けており、彼はこの後もメインプロデューサーとして全面的に関与することになる。
今作から4thまではそれぞれテーマとして"四季"があり、「星空☆ディスティネーション」は"春"をテーマにしている。

彼女の可愛らしいヴォーカルを最大限に生かしたガールズポップスといった趣き。作詞作曲がROUND TABLEの北川勝利なので渋谷系&シティポップ色が強いんだけど、そういった路線と彼女のヴォーカルの親和性の高さというものをこの曲からは強く感じられる
そういった意味で彼女のプロデューサーとして北川勝利を選んだのはホント素晴らしいと思う。
★★★★☆




2nd single 初恋ノオト

2012年7月18日発売
初恋ノオト(初回限定盤)(DVD付) - 花澤香菜
初恋ノオト(初回限定盤)(DVD付) - 花澤香菜
シングルでは最高位になる4位を記録している。テーマは「夏(水色)」だが、そこまで夏っぽくは無く暑苦しさとかは感じない。どっちかというと爽やかさとか軽やかさの方を感じられるポップなラブソングだと思う。

作詞作曲は中塚武が手掛けている。彼はアニソン、アイドルソングを多く手掛けているのでどういったものを求められているかの良し悪しがしっかり分かってるな〜といった感じでコーラスの入れ方とかも分かってるな〜って感じ。ただそこまで上手いとは言い切れない花澤さんの歌唱力では若干見劣り(聞き劣り?)しがちな感じもしなくもない。
★★★☆☆



3rd single happy endings
2012年10月24日発売
happy endings(初回生産限定盤)(DVD付) - 花澤香菜
happy endings(初回生産限定盤)(DVD付) - 花澤香菜
テレビアニメ『絶園のテンペスト』のエンディングテーマ。本人名義でタイアップが付くのはこの後も数少ないので実は珍しいタイアップ曲だったりする。
前作までの流れを考えると今作のテーマは"秋"なんだけどそんなに秋っぽさは・・・笑

作詞はmeg rock、作曲は神前暁。
このコンビは物語シリーズのOPを手掛けているので、彼女の代表曲ともいえる「恋愛サーキュレーション」を手掛けたコンビがここに再集結!といった感じ
可愛らしいヴォーカルと管楽器のアレンジがフューチャーされたミディアムバラードって感じなんですけど、正直このシングルに関してはC/W2曲の方が数倍近く可愛らしく仕上がっているので表題曲はそこまで記憶になかったりする笑
ただ、可愛らしさとオシャレっぽいサウンドの共存っていう部分は3rdアルバム「Blue Avenue」の先取り的な感じもあるんじゃないかな〜と。
★★★☆☆



4th single Silent Snow
2013年1月16日発売
Silent Snow(初回生産限定盤)(DVD付) - 花澤香菜
Silent Snow(初回生産限定盤)(DVD付) - 花澤香菜
北川勝利が再登板。ただROUND TABLEのような渋谷系&シティポップっぽさはあんまり感じず、ストリングスをフューチャーしたサウンドからも可愛らしさからちょっと距離を置いたようなクールさを感じる1曲
シングルとしては初めてテンポがアップテンポ寄りなのが耳に残るポイントだけど、シングルにしてはちょっとメロディーがパッとしないかな〜という感じはする。
あと四季がテーマなはずなんだけどこの曲含めてそこまでテーマにガッツリ寄せていった曲が無かったなぁと思う。
2016年になってから花澤香菜が出演していたアニメ「ゼーガペイン」の新作『ゼーガペインADP』イメージソングとして起用されている。
★★★☆☆



1st album claire
2013年2月20日発売
ミト、宮川弾、矢野博康、沖井礼二といった渋谷系&シティーポップ界隈の方々がこぞって参加しており、彼らは今作以降の花澤香菜作品にも参加している。

青い鳥
claire - 花澤香菜
claire - 花澤香菜
北川勝利が手掛けたこの曲のデモが花澤香菜がソロ活動を始めるにあたってスタートラインになったという。
シングルに比べるとだいぶ華やかなアレンジでなおかつ可愛らしさも感じられる、そんな曲で個人的にはこの曲もシングルで出せばよかったのに・・・って思ってる。そこまでそこまでシングルも四季を意識してなかったしね。
★★★★☆

Just The Way You Are
claire - 花澤香菜
claire - 花澤香菜
北川勝利作詞作曲。「好きです」というフレーズであったり、可愛らしいコーラスだったりと花澤香菜のキュートなヴォーカルを活かしまくったミディアムバラード。
こういうのは声優ならでは!って感じ。
★★★★☆

melody
claire - 花澤香菜
claire - 花澤香菜
作詞megrock,作曲編曲ミトという2代目物語シリーズコンビによる楽曲(ちなみに初代はmegrockと神前暁コンビ)。
打ち込みサウンドもありつつちょっとディスコな雰囲気を感じる曲で、吐き捨てるようなちょっと棘のある歌詞が印象的。
★★★★☆



posted by Shouta at 23:58| Comment(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月29日

Music review Questions

宇宙ネコさんの企画「Music review Questions」に参加しました。

質問のフォーマットはここから↓
http://cooklike.hatenablog.com/entry/2017/04/23/174542



・なぜ音楽レビューをブログに書いたり、またはツイッターに呟くようになりましたか?
音楽レビューサイトを偶然見つけて、そのサイトからはいろいろ影響を受けたんですが、そのサイトには自分の一番好きなアーティスト「Aqua Timez」のアルバムレビューが無かったんですよ。
それじゃあ、自分で書いてやろうと!! ・・・そんな滅茶苦茶不純な動機です。


・現在レビューの対象にしている音楽のジャンルは何ですか?
当初はJ-POPオンリーでしたけど、今は洋楽もアニソンも対象内ですね。


・レビューを書く上で気をつけていることは?
レビューなんて言ってなんか凄い文章が書けるわけじゃないんです。音楽理論とかわかんないし。なんで僕のサイトはあくまで個人の感想、という認識でやってます。
あとYoutubeに動画があれば探してきて載せます。いくら文章で言ったって聞いてもらったほうが100倍伝わりやすいと思うので(それを言っちゃ元も子もないけどw)


・批判的に書くことはありますか? 書く場合はどんな感じにしていますか?
多少の不満点とかはありますけど、それは素直にそのまま書きます。
ただ自分が合わないっ!って思う作品について語ろうとしたらどうしたって偏見が入りますし、良くはかけないと思うのでそういうのはそもそも記事にしないです。


・影響を受けた音楽レビューブログはありますか?(Amazonなどのレビュアーさん、ツイッターのユーザーでも構いません)
直接的な影響を受けててブログを始めるきっかけになったのはMOMAさんが運営している『Beautiful Dreamer』です。
そうです、自分が初めて見たときはAqua Timezのオリジナルアルバムのレビューが無かったんです(笑)
ただ今では全アルバムのレビューが揃っていて最新作「アスナロウ」に関しては購入してくださったり・・・。
ほんのちょっとでもMOMAさんがAqua Timezのアルバムに興味を持つきっかけになれたのであれば嬉しいですね。まー自惚れんなって話ですけど。
あと、MOMAさんとAqua Timezのシングルレビューの対談をさせてもらったりしました。 
対談しましょうとか言われればやるんで誰か申し込んで下さい!(重要)



・今までレビューを書いた中で一番気合いを入れて書いたアルバム、楽曲を教えてください。
Aqua Timezとか自分が大好きだ!と胸を張って言えるアーティストはだいたい気合が入ってます。


・あなたにとって音楽レビューとは?
他の人たちには失礼かもしれないですけど、自分にとってこのブログはそんなに大層なもんじゃないんです。あれこそ考えてそれなりに良い事を書こうと思えば書けますけど、そんなにそんなに熱を上げて音楽のレビューを書くってのは自分にはできないです。そういう方向のブログとか見ると凄いな〜と感心はしますけどね。
なので先に書きましたけど自分のはあくまで「感想」です。レビューなんて言うまでのもんじゃないと思ってます。
感想を書くこと自体は凄く楽しいんですけど、そこに誰かを意識して書くとか付随してくるとちょっと大変そうですし、自分のペースで自分の好きなようにする。楽しい事なんで長く続けたいのでそんな気楽な感じでこれからもやっていきたいと思います

posted by Shouta at 17:55| Comment(0) | 企画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月21日

2017 4/21付 最近の新曲感想 vo.2


はい、第二弾です


Paramore / Hard Times
4年ぶりの新曲。変わらず3人体制・・・だけど創設メンバーはベースのジェレミーが脱退、
その代わりにほとんど喧嘩別れみたいに脱退したファロ兄弟の片割れ、ザックが再加入といった具合にバンド構成は違うという。
曲はレトロっぽさも感じるポップロックですっかりエモさも薄れちゃったなぁ・・・という思いはあるけど、これはこれでいい曲。



ASIAN KUNG-FU GENERATION / 荒野を歩け
アニメ映画「夜は短し歩けよ乙女」主題歌。
いやぁ・・・この映画、凄く良いですよ。めくりめく森見登美彦ワールドにずっと浸ってられます・・・。
楽曲の方はWonder Futureをフィルターにかけて初期っぽさを再現したパワーポップって感じ。うん、いい!



Kendrick Lamar / HUMBLE
今、最も期待されているであろうラッパー・ケンドリックラマーが放った新作から。
ジャズ、R&Bをふんだんに取り入れた作品だったんだけど、今作は割と純粋なヒップホップを追求したって感じ。相変わらずトラックはカッコいいんですけど・・・うん、かっこいい。ケンドリックラマーはそもそもヴォーカルがかっこいいからね。



plenty / ボクのために歌う吟
新曲ではないんですが・・・解散を発表したロックバンドplentyから。
このバンドと初めて出会ったのはラジオ番組「ミュージックライン」のEDにこのバンドの「ボクのために歌う吟」が起用されていたこと。
メジャーデビューした後もあともちょくちょく新曲はチェックしてたんですが、「ボクのために歌う吟」が一番好きでしたね。


posted by Shouta at 22:35| Comment(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする