2018年05月01日

George Michael「Songs from the Last Century」レビュー

Songs From the Last Century - George Michael
Songs From the Last Century - George Michael


ソングス・フロム・ザ・ラスト・センチュリー - ジョージ・マイケル
ソングス・フロム・ザ・ラスト・センチュリー - ジョージ・マイケル

1999年12月13日発売


曲目
1.Brother, Can You Spare a Dime?
2.Roxanne
3.You've Changed
4.My Baby Just Cares for Me
5.The First Time Ever I Saw Your Face
6.Miss Sarajevo
7.I Remember You
8.Secret Love
9.Wild Is the Wind
10.Where or When
11.It's All Right With Me(Hidden track)





順位
・2位(UK)




レビュー
・George Michael 5thアルバム。
カバーアルバムではあるが、オリジナルアルバムにカウントされることも多い。
前作「Older」から3年半、ベストアルバム「Ladies & Gentlemen: The Best of George Michael」からは1年でのリリースとなっている。
共同プロデュースはフィル・ラモーンが担当している。

ジャズやミュージカルのスタンダードナンバーが中心にカバーされており、そっち方面に知識が無いとほぼ知らない曲だらけ。
(個人的に馴染みのあったのはThe Policeの「Roxanne 」くらい)
「Older」でもジャズっぽくてかなりサウンドが落ち着いていたんだけど、今作では古いスタンダード曲、ジャズナンバーが選曲されているのでサウンドは完全にそっち方面。かなりジャージーでオシャレな雰囲気が出てる。
といっても今作のメインはそのジャージーなサウンドに載せてジョージが巧みに歌いこなすの方。
自分で曲を書くとある程度癖も出てくるし、自分の作ったものなので表現もお手の物って感覚があると思うんだけど、
今回はカバーなのでソングライトの部分は無しにして、その曲を純粋に歌だけで表現する必要がある。ソングライターとしては自身はひとまず置いておいて、スタンダードな名曲を歌うことに専念したジョージの歌声は今まで以上に魅力的に聞こえたし、「こんな歌い方もするんだ」といった気づきもあったし、ジョージのヴォーカルの素晴らしさをこの作品で再認識できた。

後年にもカバー曲も取り入れてオーケストラを迎えて制作されたライブアルバム「Symphonica」が出てるけど、
今作ではまだ声が若い(ちょっと失礼な言い方だけど)し、張りも違うので純粋にヴォーカルを聞きたいなら今作の方が良いかなって思う。
(SymphonicaはSymphonicaで別の良さがある)
色々書いてきたけれども
ヴォーカリストとしての彼を堪能するなら文句なしでこの一枚といえる作品だと思う。




評価
88点


Roxanne



Miss Sarajevo
posted by Shouta at 22:48| Comment(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月30日

Aqua Timez「二重螺旋のまさゆめ」レビュー

二重螺旋のまさゆめ(初回生産限定盤)(DVD付) - Aqua Timez
二重螺旋のまさゆめ(初回生産限定盤)(DVD付) - Aqua Timez


二重螺旋のまさゆめ - Aqua Timez
二重螺旋のまさゆめ - Aqua Timez

2018年4月25日発売



曲目
1.たかが100年の
2.over and over
3.えにし feat. GOMESS
4.遊びつかれて
5.未来少女
6.日曜讃歌
7.ミックス茶
8.陽炎 -interlude-
9.+1
10.愛へ
11.タイムマシン
12.last dance


DVD(初回生産限定盤のみ)
1.未来少女 Music Video
2.PS4「グランクレスト戦記」オープニング映像




レビュー
・Aqua Timez 8thアルバム。
前作から1年5か月ぶりとなるオリジナルアルバム。
前作との間にシングルがリリースされておらず収録曲全てが新曲となるのは今作が初。


1月に前作を引っ提げてのライブアルバムがリリースされていたが、新曲自体は久々。加えて先行シングルも出ないということでビックリ。
Aqua Timezは良くも悪くもシングルが先行してヒットしていたバンドなので
その長所ともいえるシングルを出さないっていうのはかなりチャレンジングな気が・・・。
そんなわけでアルバムにコンセプトとか設けて作られたのかな〜って思って聞いてみたけど明確にコンセプトがあるようには聞き取れなかった。

作風自体は全作の延長線上にある感じで原点回帰的なミクスチャーロックもあり、今のモードを反映したような色鮮やかなポップスもあり・・・な感じだ。
ただ全体的にアップテンポの曲が多く、ノリも今までと違って"らしさ"が薄れたのかな〜と思うところもある。
具体的に言うと「日曜讃歌」「+1」あたりは昨今のダンスミュージックを取り入れたのかな?って思う感じのグルーヴで「Aqua Timezでこんな曲やるのか」ってビックリした。今までそういうタイプの曲なかったし。
ファンクラブ限定版では「+1」でメンバーがダンス踊ってるみたいだし、ここ数年でライブで太鼓叩いたりアカペラやったりしてる流れで今度は踊るのか!? その流れを踏襲した曲なのかな〜(と想像)。

そしてミディアムでガッツリ聞かせる従来のような曲が「未来少女」くらいで、"らしさ"という意味では一番薄いんじゃないかな〜と思った。
というか"らしさ"を担ったいたのがシングルであって、今回はそれが無いのでアルバム曲での多様性が強調されたのかなと。好き嫌いは分かれそうだけどサウンド面でのマンネリは全く無い。前述のダンスミュージック的なアプローチもそうだし、アップテンポの曲が増えたことで自然とバンドサウンドが力強くなった気がする。


ただ個人的な好みでいうと・・・前作、前々作ほど好きではないかな。
多様性という意味ではいろんなタイプの曲があっていいけど、アルバムとしてのまとまりに欠けるというか・・・そこをまとめるのがシングルの役割なのかなぁと思ってたしやっぱりシングル曲が欲しい(笑)。
「未来少女」は文句なしに良い曲だと思うけど、もう1曲「これがAqua Timezじゃ!」っていうタイプの曲があればもうちょっとアルバムとしての聞こえ方も違ったのかな〜。
あと1曲1曲がこざっぱりしてて5分を超える曲が無い&アルバム全体でも40分という短さ&バラード系が少ないこともあって
割と流れで聞き流せちゃうな〜とも。
なんかこう書いてると懐古厨っぽくて嫌だなぁ笑。まぁその通りなんだけど。
シングル無しって聞いたからもっとコンセプトガチガチに固めたこれぞアルバム!っていうのを期待してたので
それとはちょっと違ってたなぁというのが個人的な気持ち。
「エルフの涙」の時みたいに直後にシングル出ないかな〜。





評価
86点

未来少女










posted by Shouta at 15:09| Comment(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月26日

TOKIO山口に関して


TOKIOの山口達也が強制わいせつで書類送検、無期限の活動休止が発表されました。

ホントに残念でしかたない。

個人的にTOKIOは凄く好きなアーティストで、音楽を聴くようになった最初期の段階からずっと聞いてました。
長瀬にばかり注目は集まりますが、山口の高音の綺麗なヴォーカルが好きで。
自作体制に移ってからそのヴォーカルが聞けないのが残念に思ってました。。。

それでも、ライブをしなくても、農家と言われようとも、 アーティストTOKIOのファンとして年に1回か2回聞けるシングルを毎年楽しみしてました。
まさかこんな事態になるとは・・・。発表はありませんが、当面のTOKIOの活動は自粛せざるを得ないのではないでしょうか。


事件のことは詳しくは触れません。がこんな馬鹿みたいなことで
TOKIOとしての活動が止まってしまうかもしれないと思うとホント辛い。何やってるんだよぐっさん!というのが率直な気持ち。

今はとにかく辛い。その一言。
しばらくはTOKIOのメンバーを、そしてTOKIOの曲をまともに聞くことが出来ないかもしれません。。
posted by Shouta at 22:01| Comment(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする