2018年03月17日

warbear「warbear」レビュー

warbear - warbear
warbear - warbear


2017年12月6日発売


曲目
1.車に乗って
2.Idea 01
3.墓場の蝶
4.ウォールフラワー
5.トレインは光へ向かう
6.Lights
7.罪の国
8.ダイヤモンド
9.掴めない
10.わからないんだ
11.灰の下から
12.1991
13.27
14.落ちていく



レビュー
・warbear 1stアルバム。
Galileo Galileiのフロントマン・尾崎雄貴によるソロユニットでほぼ全て自分の手によって制作されている。

楽曲「車輪の軸」で活動を終えたGalileo Galilei。そのフロントマンが「車に乗って」というタイトルの曲からソロキャリアを始めるというのはなんか繋がりがあるのかな?って思ったり。
実際、後期Galileo Galieiの方向性とこのwarbearの方向性はそこまで大きく乖離しているわけではなく、地続きな印象。曲中でトランペットが多様されていたりしてGalileo Galileiの最終作で使ってたのが気に入ったんだろうなって思ったり(笑)基本的には後期Galileo Galileiが好きな人はそのまま聞いて大丈夫なアルバムだと思う。

ただサウンド自体はバンドのグルーヴとかが無くて、「あぁソロだな」と感じられる。歌詞もより内省的になっていて、1人の作品という印象をより強めている。あとシンガーソングライター感が増したというか。ちょうど発売当時にJohn Lenonの「ジョンの魂」を聞いてたんだけど、あれに近い孤独さを感じた(アルバム自体は全然似てないけど)。この孤独さはバンドでは出せないソロならではのものなんじゃないかと思う。
あと・・・バンドとの違いっていうとシタールが入ってたりする点かな。

こう挙げると違う点はあるけど、表現したい音楽自体はバンドからあんまり変わってないなというのが全体的な印象で、個人的には一安心(笑) ちゃんと後期Galileo Galileiの続きを聞けて良かった。急に本気のエレクトロニクスとかジャズとかやりだしたらどうしようとか思ってたし。


評価
90点

Lights

posted by Shouta at 22:14| Comment(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月08日

小松未可子「Happy taleはランチの後で」レビュー




2018年2月25日発売(会場限定)


曲目
1.Happy taleはランチの後で
2.ランダムメトロノーム(LIVE@LIQUIDROOM 20170812)
3.My sky Red sky(LIVE@LIQUIDROOM 20170812)
4.Maybe the next waltz (LIVE@LIQUIDROOM 20170812)
5.Lonely Battle Mode (LIVE@LIQUIDROOM 20170812)



レビュー
・小松未可子 3rdライブ会場限定シングル。
トイズファクトリー移籍後は初のライブ会場限定シングルである。

新曲「Happy taleはランチの後で」と4曲のライブ音源が収録されている。
「Happy taleはランチの後で」はいつも通りQ-MHzプロデュース。スカっぽいリズムのらしさ満載のポップスで期待通りな1曲。タイアップ付きではないシングルは久々なのでそう言った意味で枠にとらわれなさがこの楽しそうさ雰囲気を醸し出してるんだろうなと思う。

2〜5曲目はライブ音源。全てトイズファクトリー移籍後の曲になっている。
この前のライブレポでも書いたけど歌唱が凄く安定していてサウンドはかなりロックでカッコいい・・・ライブの追体験もできて凄く良かった。
で、最後の「Lonely Battle Mode」の後にはライブで披露していたもう一つの新曲「スパイスミッション」がボーナストラックとして収録されている。なぜにトラック分けされてないんじゃ・・・。2分ちょっとの曲でこれが完成版なのかどうかすら分かんない(ライブだともっと長かった気がするし)。これもいい曲なのでぜひトラック分けした状態で音源化してくれぇ…。


評価
85点



Happy taleはランチの後で





posted by Shouta at 20:05| Comment(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月05日

小松未可子「Live Tour 小松の夜のパレード 2018春」2018/3/4


小松未可子のライブツアー「小松の夜のパレード 2018春」に参加してきました〜



いちおうネタバレ注意ということで。












1.Tornado Voice
2.Catch me if you JAZZ
3.short hair EGOIST

4.Lonely Battle Mode
5.Pina colada & Caipirinha
6.Happy taleはランチの後で (新曲)
7.Imagine day,Imagine life!

8.硝子の地球儀
9.ランダムメトロノーム (アコースティックVer.)
10.また、はじまりの地図
11.My sky Red Sky

12.スパイスミッション (新曲)
13.Maybe the next waltz
14.Swing heart direction
15.純真エチュード
16.真夏の夜のパレード
17.HEARTRAIL

アンコール
1.Piece of Peace
2.エンジェルナンバー



リリースイベントは2回行ったことあったけど小松未可子さんのライブは初めて。
ちょっと出遅れて先行物販もかなりギリギリでしたが目当てのものをゲット(会場限定シングルとTシャツ)!
キャパがアホみたいに小っちゃくてギュウギュウ詰めになりながらライブスタート。

Maroon5の「Maps」がかかる中バンドメンバーが登場し、そのまま「Tornado Voice」になだれ込み。
ライブの会場の様子としましては
わりかしサイリウムは少ないな〜とか思いながら、盛り上がりが凄かった・・・。
実はこういう小っちゃいハコでのライブは初めて(今までは席アリかスタンディングでもキャパがデカいとこしか経験なかった)で、うぎゃーともみくちゃになってました(笑)

割と序盤で一番聞きたかった「short hair EGOIST」が聞けたり(歌詞間違ってたけど笑)、新曲も2曲も聞けたりでセトリ的には大満足。
中盤では「ランダムメトロノーム」をアコースティックVerで披露。みかこし自身もグロッケンだっけ?を演奏しながら歌唱。でもそのグロッケンの入りを盛大にミスって「高田馬場だけの特別」みたいなこと言ってて可愛かったです。

あとみかこし、やっぱり歌上手いですね・・・。歌詞は何回かミスってたけど歌自体はずーっと安定してる。リリイベでは数曲しか聞けなかったので今回フルセットで聞けたのはホント良かった・・・。

あとめっちゃ美人で安定のノースリーブ。これはもうリリイベで実感してたので再確認ですね。
バンドもかなりロックしてるし、個人的にはバンド演奏ももうちょっと見たかった(ステージの距離的にドラムとかキーボードはほぼ見えなかった・・・)。Q-MHzの黒須さんいるけど黒須さんがバンドマスターかな?
(PAの方にユニゾン田淵がいたとかいないとか・・・自分はちらっとしか見てないので誰かいたのは分かったけど、それが誰かまではわからんかった)

それにしてももうトイズファクトリー移籍後の曲だけでセトリ組めるようになったんだなぁ・・・と。
個人的にはトイズファクトリー移籍後(Q-MHz関与後)のみかこししかちゃんと聞いてないので、その辺は良かったなと。ただ移籍前でも「群青サバイバル」とか「MAGIC RADIO」とか聞きたかったのは内緒。

全体的に大満足のライブでした。Ty Segallのライブからほとんど間を開けずにライブ参戦でしたけど、
これからは忙しくなるのでこんな風にライブに参戦できるのは次、いつになるんだろうなぁ・・・。
posted by Shouta at 12:04| Comment(0) | ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする